2011年10月08日

「侘びとエロスのお稽古」


ドラマCD 「侘びとエロスのお稽古」 原作 : 花川戸菖蒲






梶くん演じる聡維は、可愛い顔してるくせに頭の中ではいい男をぐっちょんぐっちょんにする妄想ばかりしている童貞なのね。そんな聡維くんは、カルチャースクールの茶道教室で、遊佐さん演じる久野先生と出会うの。綺麗で凛としている久野先生を妄想の中でぐっちょんぐっちょんにしては、しこしこするの。ある日、お弟子さんも知らないという、先生の本当に姿を知ってしまうんです。

いやもうね、キャスト発表の後に予習のためにこの原作を読んだんだけどね、
これはこの二人以外考えられないキャストだよなーって思いました
原作読みながら2人の声が脳内に違和感なく再生されたもん。で、期待を裏切ることなく、
ほんとーに原作のイメージそのものに2人が演じてらっしゃいます

なんつーか、2人の魅力をぎゅーーーって詰め込んだCDとでも言いましょうか
梶くんがとにかく可愛いんだ。
ぶりりとした可愛さじゃなくって、素直な青年らしい可愛さっつーの?
でもって、遊佐さんの先生の時とプライベートの時のギャップにきゅんとしちゃいます。

私の中で、某アニメの影響で、とても新鮮かつ待ち望んでいたカップリングでした
ていうか、意外なことに、BLで対決するのは初めてなのよね、この2人。

あのね、2人の掛け合いが、聴いててものすごく安心するんです
でもって、ものすっごく2人とも演技が安定してるから、聴きやすいんです
ていうか、ほんとうにある「侘びとエロスのお稽古」の世界での2人の会話を盗み聞きしてるような錯覚におちいっちゃうの。


でもって、絡みですよ。

梶くんどうしたの?

なんかあったの?


色気増してるよ?

梶くんがBLCD受けデビューをしてから梶くんのあえぎを聴いてるんだけどね、
梶くんはそれでいいのよって思わず目を細めてしまうような色気のないあえぎっていう印象が強いので、
こんな鼻から抜ける甘い声を使いこなす梶くんなんてあたし知らない!!!ってなりまちた。

またさ、遊佐さんのお声がえろいのよ
もともとえろいのに、さらにえろくなるのよ。
しかも、そのえろい声でいっぱい言葉責めしてくんのよ?
「たっぷり可愛がってやるよ」言ってベロチューする音がね、
すーーーっごくやらしいの!きいててひゃーってなったもん。

でもって梶くんの鼻から抜ける甘い声がね、ヤバイくらいに色っぽいの!
ていうか、絡みのシーンの声のすべてが可愛くて色っぽいのよ?

でね、この二人がね、挿入してからの息を合わせてるのよ。
それがね、本当に突かれてるみたいなの!
しかも、いった後の梶くんの息がやらしいこと!
その息だけで抜けるわさ。

いやもうほんとにどうしたの?梶くん。
なんでそんなに色っぽいの?
他の作品のレビューで色気がないとか書いてごめん。ほんと反省してる。

ストーリーが難しくないので、つるっと、でもだからこそがっつりと聴ける作品です。
お二人の演技がほんと素晴らしいので、
じっくりと2人の掛け合いを聴いていただきたいですね〜。おすすめです。



そういや梶くんて、最近フェイス言ってる?

posted by 飯田橋 at 23:13| Comment(0) | BLCD・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

「鮫島くんと笹原くん」


【送料無料選択可!】Dramatic CD Collection 鮫島くんと笹原くん / ドラマCD







正直に申し上げますと、キャスト発表されたとき、え?この2人?と思ったものでした。
ほんとーーーーーにごめんなさいっ!!!
あたし声優さんのこと舐めてたわ。

もうね、感動するくらい原作のイメージそのものなの!!!

前野がもうね、これお前のことなんじゃないの?ってくらい、鮫島くんそのものなのね
ぐだぐだでぐるぐるで一人でもんもんと考えて、
立てたフラグを折りまくって逆切れする鮫島くんそのものなのよ。
これはもうね、聴いててほんと感動するから

でもって、だいさくがもーね、見事に笹原くんなの
カラッとしていて前向きで、たまに男らしい笹原くんそのものなの。
だいさくっつーと、つい色気全開のねっとりとした受け声と演技を思い浮かべちゃうのね。
だからキャスト発表見たときは、だいさくは笹原くんじゃないだろって思ったのよ。
ほんとごめん。深く反省してる

原作に忠実なので、原作を読んでから聴いた方が、面白さ倍増です。
てか、原作がめちゃめちゃおもしろいのよ

ストーリーの面白さ+腰乃先生の魅力的なイラストと構図あっての面白さなので、
CDだと音だけだから面白さ半減しちゃうのかなって思っちゃったんだけど、
まったくの杞憂でした。
音だけで「鮫笹」の世界を見事に表現してくれてます
これは、ほんとにすごいこと。

原作好きとしましては、ここはカットしないでほしいなってところが多々ありまして、
この作品を盛り上げる2人の言い争いのシーンがとにかく楽しみだったのね。
これがもうね、期待以上なのよ!

今までもごもごしていたのに急に逆切れしちゃう鮫島くんとか、
バカっぽそうにみえて男らしい笹原くんとか、とにかく感動ものなのね。

だって原作何度も読んでるのに、CD聴いて吹いちゃうんだよ?
それくらい、音の「鮫笹」の世界にずっぽりと浸ることができます
いやもうほんと、2人をキャスティングしてくれて、ありがとう。

で、絡みですが、これまた原作に忠実でして、息と音が妙にリアルなの
でもって、普通のBLと違って、愛のささやきとか攻めのエロテクとかは全然なくって、
これこそが腰乃先生だよなーって絡みを見事に表現しています。
あ、最後のトラックでは笹×鮫が聴けますよ〜。

なんつーか、あえぎを聴くCDではなくてストーリーを楽しむCDといいましょうか
私はこの原作が大好きでして、
何度も繰り返し聴きたくなるCDだったらいいな〜って発売前に思ってたのね。
もうね、見事に願いが叶いました

二枚組なんだけど、聴くのが苦にならないの。
それどころか、何度も聴きたいの

私的には、今年一番のBLCDです。
たくさんの人に聴いてほしいな〜。

posted by 飯田橋 at 21:15| Comment(0) | BLCD・さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。