2011年12月30日

「勝手にBLCDアワード2011」


わたくし、飯田橋が独断と偏見で決める
『勝手にBLCDアワード2011』でございます。

今年発売されたCDの中で、私が聴いたものから選ばせていただきました。

今年発売のもので聴いたBLCD↓

「みづいろとぴんく、それからだいだい。」
「犬は夢見て恋をする」
「言ノ葉ノ世界」
「アイツの大本命3」
「恋愛年齢」
「STEAL!恋するValentine」
「STEAL!愛されWhiteday」
「ティアドロップ」
「Punch↑4」
「3軒隣の遠い人」
「ブーランジェの恋人」
「全ての恋は病から」
「してみて。」
「無慈悲なオトコ」
「地下鉄の犬」
「妄想エレキテル2」
「飴色パラドックス」
「僕の先輩」
「カテキョ!2」
「鮫島くんと笹原くん」
「侘びとエロスのお稽古」
「職業、王子」
「グッドモーニング」
「ホントのところ」
「不埒なスペクトル」
「部活の後輩に迫られています」
「言ノ葉日和」



 

【優秀主演受け賞】

・間島淳司
・梶裕貴
・立花慎之介
・野島裕史


【優秀主演攻め賞】

・日野聡
・平川大輔
・前野智昭


【優秀作品賞】

・言ノ葉ノ世界
・僕の先輩
・鮫島くんと笹原くん
・侘びとエロスのお稽古
・職業、王子
・グッドモーニング
・不埒なスペクトル


 

【最優秀主演受け賞】

・梶裕貴
・立花慎之介


【最優秀主演攻め賞】

・日野聡



【最優秀作品賞】

・鮫島くんと笹原くん
・不埒なスペクトル



【特別賞】

・言ノ葉日和
・STEAL!恋するValentine
・STEAL!愛されWhiteday

 

今年は馴染み深い声優さんの新たな一面を知り、惚れこむ一年でした。
梶くんの受けとしての成長に、とにかく驚いた。
(声優さんとしても、ものすごく飛躍されてたと思います!!!)
「侘びとエロスのお稽古」での色気にほんと驚いたもん。
色気だけじゃなく「僕の先輩」でのハゲタカでハイエナの演技もほんと素晴らしかった。

でもって「不埒なスペクトル」での立花さんの演技に完敗です。
もうね、どこをどう聞いても真幸なの。
立花さんが演技をしているんじゃなくって、真幸がしゃべってるとしか思えないの。

そして、日野さんにもノックアウトです。
実は、今年初めて日野さん主演のBLCDを聴いたんです。
アニメではお馴染みだったんだけど、BLCDでじっくりと聴いたことがなかったので、
脳内のフォルダに日野さんのお声が保存されていなかったのよ。
もうね、そのお声の真っ直ぐさ、語尾の綺麗さに驚いた。
でもって、絡みがうまい!!!
攻めあえぎのお声がさ、艶と雄臭さと熱さが増して、聴いてて照れちゃうもん。
某18禁乙女ゲームでのお声にほんとめろめろですわ。


作品としては、すごくいい作品がたくさんCD化されたなと思います。
そして、どの作品も、イメージ通りのキャスティングだったのではないでしょうか。

とにかく繰り返し聴いたのが「鮫島くんと笹原くん」です。
この原作大好きでね、CD化されるってんで、すっごく不安だったの。
もうね、とにかくすべてが素晴らしいCDでした。さすがムービックさんですよ。
何度聴いても面白いCDって、めったに出会えないと思うのよ。
大好きな作品で、それが実現しちゃうなんで、すごく幸せだなと思いました。

「STEAL!」シリーズも、何度も繰り返し聴いたCDです。
もうね、神凪儚さん大好き!!!
ちなみに一番多く聴いたのは、亮一兄さんと桐生です。

そしてそして、「言ノ葉日和」ですね。
もうね、Atisさんほんとありがとう。
ものすっごく好きな作品をCDで、しかも好きな声優さんのお声で聴けるなんて、
夢のようだよなーって。好きな声優さんが演じているんだけど、
実在する長谷部と余村がしゃべっているとしか思えないのよ。

 



とても素敵な作品たちを堪能できて、幸せな一年でした。
来年のBLCD界に望むことは、これ以上リリースされる枚数が減らないでほしいことと、
期待の新鋭が出てきてくれることです。

気づいたら、BLCDを聴き始めてから10年が経っていました。
声で演技をすることの素晴らしさに魅了されてから、10年です。
BLCDは私の活力でもあり、生活の一部でもあります。
制作してくださってるみさまに、素敵な演技を聴かせてくださる声優さんたちに、
心より感謝いたします。幸せな時間をありがとうございます。

BLCD界の更なる発展を心より望みます。
来年も、幸せな時間を過ごせますように。

posted by 飯田橋 at 21:22| Comment(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。