2012年01月10日

「不埒なスペクトル」


【初回封入特典カード付♪】不埒なスペクトル




いやもうホント待ちに待った発売ですよ。
かれこれ1年以上待ってたんだよ?ダリアさんで制作の発表されたとき、
おいおい発売まで1年以上あんじゃん早く聴きたいよぅ思ってたんだけどね、
まさかの発売延期でしたからね〜。無事に発売されて、聴くことができたことに、感謝です。


あのね、もうどっから感想書いたらいいのか迷っちゃうくらい、
とにかく原作のイメージそのものなんです。
てか、声優さんが演技していると思えないの。
実在する直隆と真幸がしゃべってるとしか思えないの。

杉田さんがもう、すっとこどっこいのお兄ちゃんそのものでして、
この役は杉田さん以外に考えられないもん。
てか、すべてはお前のおかげなんだよな、杉田。
この作品を作り出してくれたことに、ホント感謝してますよ。

崎谷先生のBLCDといえば、ナレーションとモノローグでして、
攻め視点のお話なので、杉田さんが一生懸命がんばってました。
いやもうほんと、杉田さんのお声はいい声だよね
最初はがちがちの堅物の声なんだけど、その声がだんだん優しくなっていって、
真幸が愛しくてたまらないって声に変わっていくのよ。
優しく名前を呼ぶお声なんて、うっとりするもん。


でもって、真幸役は立花慎之介さんです。ぶっちゃけますと、キャスト発表されたとき、
まったくもって予想外の立花さんだったので、どんなふうになるか想像つかなかったのね。
私の中での立花さんの今までの役のイメージ(クソ生意気なツンデレ)が強すぎてたのよ。

いやもうほんとごめん。ほんと反省してる。
これがまた、見事に真幸なの。
てか、真幸がしゃべってるとしか思えないの。

最初の出会いの、あのビッチ全開のところなんて、聴いてて惚れ惚れしちゃうもん。
お兄ちゃんと再会して、お兄ちゃんのすっとこどっこいぶりに戸惑い、弱いとこ見せて、
追いかけてこられてうれしいんだけど素直になれなくて、
でもってベッドの中では激しく可愛く乱れるところとか、ほんっと真幸そのものなのよ。


またさ、絡みがほんとすごいんだ。

「なか出し…なかだめ…だめ、だめぇっ」

(鼻にティッシュとつめつつ)ここだけで50回はリピったからね。

ろれつが回らなくなりながら言うんだで?
私さ、立花さんのBLでここまですごいの聴いたことがなかったからさ、
軽くビビった。でもって、マジで感動したもん

なんつーか、すべてが聴きどころのCDなんだけど、
私が特に好きなのが、気持ちを通じ合わせるscene.13と14ですね〜。
真幸の頑なな心をとかすバカみたいに真っ直ぐすぎるお兄ちゃんのセリフにきゅんとなるし、
ベッドに入ってからの2人の会話に吹き出しちゃうし、激しい絡みにドキドキしちゃいます。

あと、scene.16の、どうすんのと焦る真幸にお兄ちゃんが口づけるとこが好き。
真幸の抵抗する声が、鼻に抜ける甘い声に変わるのよ。いやもうほんと、立花さんすげーや。

もうとにかくCDすべてが聴きどころと言っても過言じゃないくらい
お気に入りのシーンや素晴らしい演技のところがいっぱいで、あげたらきりがないのよ。


番外編は未直が大活躍(?)でして、とにかく可愛いの!
あの酔った演技は武内さんのアドリブなの?
三田村と未直の続編も書いてくださいよ、崎谷先生。
お兄ちゃんと三田村が会話してる後ろで、真幸と未直が料理してるシーンがなんとも好きです。

とにかく大好きが詰まったCDです
二枚組なんだけど、聴くのが全然苦にならないのね。
それどころか、ぐいぐいと引き込まれてしまうんです

原作好きならばぜひとも聴いていただきたい!
原作を読んでいなくても、気持ちの流れが丁寧に描かれているので、
すんなりと作品の中に入っていけると思います。


真幸の察して言うセリフを聴きながら、
そういや立花さんもラジオやブログで察して言うよな〜って思いまちた。

posted by 飯田橋 at 11:23| Comment(0) | BLCD・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。