2012年03月27日

「裸執事 プレイ感想」


裸執事公式ビジュアルファンブック






♪ちゃらちゃちゃっちゃちゃ〜♪
(猫型ロボット風に)はーだーかーしーつーじー。

アルバイトでご主人様になった大学生が、
執事たちにあんなことやこんなことをするゲームでございます


いやもう濃かった。軽く胸やけ状態だよ。げぷっ。
いつものゲーム感想なら「おっす、おら△△。××だぞ☆」みたいなのを個別に書くんだけど、
それもできないくらい、とにかく濃かったよ。

このゲーム、かなり前からゲーム誌に掲載されてるにもかかわらず、一向に発売される気配がないので、
私はてっきりエイプリルフール企画みたいに発売自体がなんちゃってなゲームかとずーっと思ってました。
発売されたときは、マジでびっくりしたもん。


で、感想ですが、なんつーか、想像以上のことをしてくれたとでも言いましょうか
いろんな方のレビューを読んで、ある程度の知識は入れてプレイしたんだけどね、
それをはるかに超えちゃってたっつーか

私ね、結構抜きゲーをプレイしてるんです。
ちなみに好きなブランドはBLACK PACKAGE TRYさんとBLACK LILITHさん。
リリスさんたらアヘ顔ですよ。私ね、アヘ顔大好きなのよ。
そんなアヘ顔がふんだんに見られるってんで、ひゃっはーってなりながらプレイしたさ。

なんつーかさ、抜きゲーは男性が男性のために作ったゲームなわけですよ。
なので、どんなに女性が辱められようとも、全然平気だったのね。
それが男同士の場合はどうかとういうと、
抜きゲーをプレイしているときとはまったくもって同じ気持ちでプレイできないんです

私の中で、男同士=ラブっていう図式があるもんだから、
たとえそれが歪んだ愛あるプレイでも、それはやりすぎじゃない?って思っちゃって、
気持ちがわくわくしないのね。

プレイとしては、私の大好物ばっかりなのよ?
黒人の二輪挿し大好物よ。
公衆便所で肉便器大好物よ。
キッチンで大根挿入大好物よ。

抜きゲーだと、そこに愛がなくても全然いいの。
でもね、男同士の場合はそこにはっきりとわかる愛がなければ、
私の心のちんこはぴくりともしないのよ。

これはね、すっごく予想外でした。
自分の乙女っぷりに驚いたもん

マスカレードも愛がないプレイ満載のゲームでしたが、
あれは犯人に脅されのプレイだったじゃない?
でもこのゲームは、主人公の意思でのプレイなのね。
それがまた、どうも納得いなかいというか。
主人公の言う理屈はわかるのよ?わかるんだけど、なあ?てな感じなのよ。

で、真相エンドを見て、主人公の理不尽な行動に納得をするっつーね。
でもって、エクストラエンドを見て感動して泣いちゃうっつーね


過激なプレイ内容ばかり目立ってますが、
きちんと考え込まれて作られたゲームだなと、プレイ終了後にわかります。
にしても、まさか裸執事で泣かされるとは思わなかったよ



でもってお声ですが、声優さんたちはとにかく大変だったと思います
いやもうほんと、お疲れ様でした。

うまい下手うんぬんは、まーいいや。
知ってる人2人しかいないのも、まーいいや。
そんなことよりあのあえぎ、よくぞ頑張ったと言いたい。
あれだけすごいのやっとけば、
もうこれからはどんな仕事が来ようとも、怖いものはないと思います。

システムはね、右クリック使えないのが不便だったな。
あと、シーンの回想ができないことが不便かな。

出てくるエロ単語が、女性向けの18禁では出てこないようなのばっかで、
男性向けに慣れていない乙女は大変驚かれたことだと思います。

なんだかんだ書きましたが、面白かったですよ
プレイした私たちも、これ以上の怖いものはないと思います。どんなプレイでもどんとこい。


意外とすっきりとした気持ちで終了したこのゲーム、みなさんにはおすすめしません。
私は大丈夫という人だけ、プレイすることをおすすめします。





posted by 飯田橋 at 11:26| Comment(0) | BLゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。