2012年10月28日

「越えざるは赤い花 スレンルート感想」






以下、ネタバレです↓





おっす。おらナァラ。
なんかわーってなってあーってなって、隣国に連れ去られちゃったんだぞ☆

次におらが狙うのは、軍事司令官のスレン。
こいつは第一印象からして最悪なんだよ。
てめーとなんか結婚しねーよ帰ってクソして寝てろごるぁ。

なんて息巻いてたのにわーっとなってあーっとなって嫁になるはめになりまちた。

前2人は後から手を出してくれたのに、
このやろーは最初からぶち込みやがったんだよこんちきしょーめ。

だいたいおまえのその命令口調が気に入らないんだよぶん殴んぞごるぁ!

て、不器用な愛情に気づかされちまってよー、
不器用なのは健さんだけでじゅうぶんなんだよきゅんとくんだろこんちきしょーめ!!!



そんなスレン役は、堀川忍さん。
表の名前は存じておりますが、お声をじっくりと聴くのは初めてだったのね。

あのね、この方のお声を嫌う女子はいないと思う。
俺様の命令口調が似あうお声とでも言いましょうか。
そのお声がシーンによっては優しくなったり艶っぽくなったりするわけですよ。
BLに来てくんねーかな。



で、スレンですよ。
ライターさんはスレン推しなのかな?エンドの数が一番多いんだけど。

ほんと、不器用さに胸キュンです。
しかも、ベストエンドは迎えに来る系ですわ。
迎えにくる系嫌いな女子いないでしょ?

強引で不器用でとことん愛してくれて迎えに来てくれて、しかもお声がかっこいいときたもんだ。
またさ、ナランルートでのスレンがこれまた、ほんっと泣かせるんだ。
すっかりスレンにメロメロですわ。










posted by 飯田橋 at 21:46| Comment(0) | 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。