2012年11月21日

「越えざるは紅い花 総評」


すーーーーーーーっごくおもしろかった!!!
面白くて2周したもん。
2周しても全然あきなくて、それどころか1周目以上に引き込まれたもん。

とにかく、ストーリーが面白い!
あらすじやゲーム誌やHPなどで内容を頭に入れてプレイしたんだけど、
断片的な情報からは伝わってこなかった予想を超える面白さっつーのかしら。

あのね、シナリオライターさんがとにかくうまいの。
文章が読みやすくて、枠内の文章を読むのが全然苦じゃないの。
それどころか、早く続きを読みたくてたまらなくなるの。

気持ちの流れがすっごく丁寧なんです。
恋を自覚してからのドキドキ感がね、きゅんきゅんすんのよ。

でもって、各攻略キャラがこれまた、腰がくだけそうになりそうなことを言ってくれるんだ。
何度床ろーりんぐしそうになったことか。
ドキドキしてハラハラしてきゅんきゅんして、これでもかってくらいに愛されるのよ。

お声はですね、私的には、初めてお聴きするお声もちらほらいました。
でもね、結果的にめろめろにされて、他の作品も聴きたいって状態になります。
「妖夢」買っちゃった☆「愛病」も楽しみ♪

ちなみに、好きなルートはナランですね。
紀之さんにさらに惚れちゃったもん。
セフルートも好きだったな。トーヤルートも好き。

この物語の何にここまでひかれたかって、
やっぱ主人公のナァラの性格もあると思うのよね。
苦境にも屈しない強い女性なのよ。
王妹ながらも自ら剣を持って立ち向かうような女性なんだけど、
優しくて思いやりがあって、とても気持ちの良い性格なの。

またさ、お声も素敵なの。
主役を務められた手塚りょうこさん、本当にお疲れ様でした。
すっごくナァラにぴったりなお声というか、手塚さんがナァラ本人なんだと思う(違います)
それくらい、とにかくナァラなの。

なんだろうな。ずっと演技を聴いていたいのよ。
柔らかい中にも強さを持っているお声といいましょうか。
そのお声が、お布団のシーンでは、色気と可愛さが全開になるんです。
呂律が回らないお声に、うわすげーってマジで感動したもん。

とにかく夢中になったゲームですが、残念なこともあります。
まず一つが、おまけがなかったこと。
なんでもいいから、フルコンプのご褒美が欲しかったよ。

もう一つが、スチルが、うーん?ってのがけっこうあったこと。
立ち絵も背景もすごくいいんだよ。綺麗だし。
なのになんで肝心のスチルがいまいちなんだか。
特に、お布団のシーンのスチルがどうも、なあ?


いやもう、とにかく面白かったです。
ぶっちゃけると、あんまし期待していなかったんです。
購入の動機は皇帝さんの声が聴きたいからだし。
でもね、結果、購入して大正解でした。


ぜひともファンディスクなど作ってくださいよ、Operettaさん。








posted by 飯田橋 at 14:16| 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

「越えざるは紅い花 セフルート感想」







以下、ネタバレです↓




おっす。おらナァラ。
わーっとなってあーってなって、隣国に連れ去られちゃったんだぞ☆

次のおらが狙うのは、セフ。
反対派大臣の息子なんだぞ☆

こいつがまー、仕事もせずにふらふらしてんだ。
何事にも関心がないっつーか無気力っつーか。

普通、大臣の息子ったら金と色のことでぎらぎらしてて、
なにかっつーとパパに言いつけてやるって言うじゃん(偏見です)
でもこのセフはぎらぎらどころか死んだ魚の目をしてるからね。

目は死んでるけど優しいのよ。悪い人じゃないし。ニートだけど。
むしろ話しやすいっつーか。ニートだけど。

は?ニートじゃないって?大臣の秘書だって?
だったら大臣に会わせろつってんだろ
こっちは文珍師匠に純血散らされるかもしれねーんだぞぶん殴んぞごるぁ!!!

ノールがあんなんだから余計にセフの優しさがしみるっつーか。ニートだけど。


そんなセフ役は小田桐ヒョーマさん。
初めてお声を聴いたんですが、素敵なお声ですね〜。

優しいんだけど、キメるときはすっごくかっこいいんです。
雨の中、ノールと対峙するお声がね、すっごくかっこよくって胸キュンですわ。

で、セフですよ。
ぶっちゃけ、プレイする前は、こいついらなくね?って思ったんだけどさ(ごめんなさい)
一番心安らげるルートでした。

とにかくいい人。でもって、癒されるのよ。おっさんだけど、

なんつーか、夫婦のありかたを考えさせられるルートっつーか、
セフがものすごく理想の旦那様だなと思いまちた。








posted by 飯田橋 at 13:44| 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

「越えざるは紅い花 ルジルート感想」







以下、ネタバレです↓




おっす。おらナァラ。
わーっとなってあーっとなって、隣国に連れ去られちゃったんだぞ☆

次におらが狙うのは、ルジ。薬師なんだぞ☆

こいつがなんとも柔らかい雰囲気でしゃべりやすいんだよねー。
木登りして落ちたところをナイスキャッチされまちた。
しかも、めっちゃ癒し系の笑顔で。

え?幼いころに男にやられそうになったことがあるの?
どきどきどきどきどきどきどきどき。
くくくくくく詳しく!!!
どどどどどどどこを触られたのかな?はぁはぁはぁはぁ。

すったもんだで告白されまちた。
だめよ、私は人の妻。よよよ。
脳内BGMは「さざんかの宿」で決まりだね☆


そんなルジ役は佐和真中さん。
実は、お声をじっくり聴くのは初めてなんです。

やわらかくてやさしくて、すっごくいいお声なんです!
そのお声でささやかれてみ?床ろーりんぐだから。


で、ルジですよ。
優しいんだけど、意外と衝動を抑えきれない人でして、
そこがなんともうふふってなるんだけどね。

連れ去るエンド、いいですね〜。
連れ去るエンド嫌いな女子いないでしょ?
2人のことを誰も知らない土地でひっそりと暮らすのよ?たまらんね。
またさ、トーヤがいい送り出しするんだ。

ルジルートは、仲間たちと和気あいあいとしていて好きでした。









posted by 飯田橋 at 13:38| 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

「越えざるは紅い花 ナランルート感想」






以下、ネタバレです↓






おっす。おらナァラ。
なんか、わーっとなってあーっとなって、隣国に連れ去られちゃったんだぞ☆

次におらが狙うのは、ナラン。スレンの弟分なのだ。
お世話係をやってくれてるんだけどよー、こいつが犬っころみたいで可愛いんだ。
よーしよしよし。お手。


(頭をなでながら)めっちゃ癒されるわー。同い年だししゃべりやすいし。
ほら、スレンがあんなじゃん?だから余計にほっとすんのよねー。

そんなナランに、告白されまちた。しかもスレンが大変な時にだよ。
いけないわ。だって私は人の妻。よよよ。


そんなナラン役は紀之さん。
いやもう、私的に、18禁の紀之さん初めてだったので、どきどきです。

このナラン、ふだんすっごく可愛いんだよ?
なんだけど、雄を意識させるシーンがすっごくかっこよくて、艶っぽくて、床ろーりんぐです。
「……おいで」の破壊力はんぱねー。

なんつーか、勝手なイメージで申し訳ないんだけど、
私の中の紀之さんのイメージって純白なのね。
なので、こういう艶っぽいお声を出されると、
いやぁぁぁぁぁぁぁでもかっこいいぃぃぃぃぃぃっておしっこちびりそうになります。

で、ナランですよ。んもーほんと可愛いんだ。
でもってけなげ。だって七年よ?ほんと感心するわ。

ものすごく印象深いシーンは、
自害しようとしたら風が吹いてスレンの形見が肩にかかるシーン。もうね、号泣です。

ナランが告白してからの、たまに見せる冗談とごまかす本気とその表情が、
そしてスレンの死後気持ちを切り替えて守ると約束するところが、なんとも切なくてね。
脳内BGMは奈々ちゃんの「Pray」ですた。







posted by 飯田橋 at 08:57| Comment(0) | 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。