2011年02月26日

「欲望という名の愛」

 
フロンティアワークス(ダリアコレクション)欲望という名の愛




人気NO.1ホストが大変な目にあっちゃうお話です(ざっくりだ)


原作未読なんですが、これかなりはしょってんじゃないのかな?
ヤクザ×ホストったら、ストーリー的にかなり濃いものになると思うんだけど、
拍子抜けするくらいあっさりとまとめられているんです。

実はアタシ、ヤクザものとホストものって、苦手なんです。
なんですが、CDをスタートさせてすぐに神谷さんの色っぽいお声でね、
いやっふーってなりながら聴いてたらそれが夢オチで思わず失笑。
まあ、そのおかげで苦手意識を持つことなく、肩の力を抜いて聴き進めることができました。

美貌のNO.1ホスト倉科役は、神谷浩史さん。好青年な美人声です。
ぴんと背筋が伸びた美人声も好きだけど、こういうさらりとした色気のお声も最高にいいですね
ていうか、ホント神谷さんは役の幅広いわ。

インテリヤクザ・樋口役は黒田崇矢さん。フェロモン垂れ流しのねっとりとしたお声です。
いやもう、黒田さんのお声はホント孕みそうになるやな。
なんですが、ドスをきかせたお声は、
おしっこちびっちゃいそうになるくらい怖いです
ホンモノかと思いました。

あのね、すっごく聴きやすい作品なんです。
倉科はどうなっちゃうんだろうって、物語にぐいぐい引き込まれていくのよ。
なんだけど、あまりにもあっさりと解決しちゃうので、あれ〜?って肩透かしくっちゃうの。

だってさ、拉致られてクスリもられちゃったんだよ。そりゃーもー、

男たちにすっごいことされちゃうに違いないって

わくわくするよな?な?

したっけ、全然ねーの。
ぶっかけろとまでは言わない。けど、せめて、

脱がせて縛って吊るして指突っ込むくらい

してくれねーとこっちは納得しないんだけど。

なんのためにクスリ打ったのよお前ら使えねーな。けっ。


でもって、フリートークがひどいのよ。
きーやんの酒で失敗したエピソードがあまりにもひどくて、
本編の内容がすべて吹っ飛びました
あの話は事務所的に大丈夫なんでしょうか。


絡みはそれほど濃くないのですが、
神谷さんの色っぽいお声を堪能することができるので、
BLCD&神谷さん初心者にはオススメですよ〜。
 


posted by 飯田橋 at 21:32| Comment(0) | BLCD・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。