2011年03月05日

「あかないとびら」

 
ムービック(ドラマティックCDコレクション)あかないとびら



無意識に無自覚にうっかりとびらを開けちゃったお話です。

このCDは2組のカプが出てきますが、どっちも攻めがドSなのね。
なんだけど、全然別々なタイプのドSなの。


『あかないとびら』
⇒羽多野×柿原

んとね、いつも思うんだけど、羽多野くんに足りないものって若さと華だと思うのね
彼の育ちのよさがお声に出ちゃってるっつーのかしら。
それが羽多野くんに対するイメージなもんだから、CD聴く前に予習で原作読んだときに、
この攻めに羽多野くんはねーだろ。だって羽多野くん生粋のドMじゃん
どーせならつねに普段からSの匂いさせてる人キャスティングしてよって思ったのね。

いやもうゴメン。羽多野くんホントにゴメン。
もうさ、CD聴いてびっくりした。ちゃーんとドSなの!
でもって、BLCD聴くたび思うんだけど、羽多野くんってなんだかんだいってうまいよね

でもって、受けのかっきーですが、
アタシさ、かっきーってどうも杉田がやるかっきーのイメージが強くて、
「ほれはほれは」言ってる人ってイメージしかないの

なので、こういうおどおどしたドM全開の役って想像つかなかったのんだけどね、
いやもうさ、聴いてびっくりした。やっぱ声優さんってすげーやな。
もうね、原作のイメージそのものなの!
しかもこの受けくん、普段おどおどしてんのに、心の声がすっごく激しいのね。
そのかっきーの演技がね、ものすっごく素晴らしいの。

なんつーか、ラブであはんうふんなストーリーじゃなくって、
なので、絡みもあはんうふんなんかじゃないの。
入れてくれたよ、いやっふーってなモノローグの絡みなので、
かっきーの色気のないあえぎでも
すんなりと聴くことができました
(え?)
あ、フ●ラでくわえながらしゃべるかっきーの声に、ぎゅんときました。


『みにくいアヒルと王子様』

⇒平川×私市

こちらは王子様かと思ってたらすっげー性格ゆがんだドSだったというお話。

原作読んだときに、この攻めすっげー性格悪いよなーって思ってたんだけど、
CDで聴くと、攻めの心情がわかりやすく入ってきてそれほどヤな奴じゃないんだなーって。
でも性格むちゃくちゃゆがんでるけど。

またさ、平川さんがすっげー無邪気にドS演じててさ、
これ平川さんのお声じゃなかったら聴くのきつかったんじゃねーのかなって思いました

羽多野くんのドSは無意識なドSなんだけど、平川さんのドSは作為のあるドSなのね。
そんな性質の悪いドSを好きになってしまった受けくんを演じているのは私市さんでして、
アタシね私市さんのお声が大好きなのよ

どっちかっていうと愛想のないタイプの受けなのね。
そういうタイプって、泣かせると可愛いのよね。ていうか、泣かせたくなるよね
あらやだアタシったらドSな攻めと一緒じゃない。テヘ☆
またさ、私市さんの振り回されて泣かされるお声がいーんだこれが

なんつーか、どちらの作品も、ラブーって感じがしないんだけど、
ちゃーんとしっかりラブがあるの。ただし、かなりゆがんでいるけどね。

聴けば聴くほど味が出るこの作品、オススメです。

posted by 飯田橋 at 13:48| Comment(0) | BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。