2011年09月07日

「満開ダーリン」


【送料無料選択可!】満開ダーリン / ドラマCD (梶裕貴、小西克幸、他)







難しく考えることなくさくっとつるっと聴ける作品です。
これね、原作読んでいないと物足りなさが残ると思うんだけ、どうでしょう。
原作もどっちかっていうと、つるっとした感じだもんね。

なんとなくのなれそめが語られているけど、それもつるっとしてるし、
店長が脱サラして花屋を営んでいるってこともつるっとしてるし、
おたがいどこにひかれて恋人になったか語られていないし、
とにかくすべてがつるっとしてるのよね

でもね、原作のイメージそのもので、聞きながら微笑んじゃいます。
もうね、梶くんが可愛いんだ。すべてが可愛いんだ
セクハラされて叫ぶ声もすねる声も泣いた声も、とにかく可愛いの。
ぶりりとした可愛さじゃなくって、19歳らしい単純バカな素直な可愛さっつーのかしら

でもって、コニタンかっこよす。
てかね、この店長がすっげーアタシ好みなの。アタシこういう男大好きなのよ。
いつもはバカで変態なセクハラ店長なんだけど、
マジになったときのお声がすっげーエロくてかっこよくってさ
あーんもう、コニタンのお声はホントかっこいいよね。

なんつーか、全てにおいて私好みのカップルなのね。
大人×子供っつーのも、攻めが傍若無人で変態っつーのも、
受けが少年らしい可愛さっつーのも、恥ずかしがりながらも結局はいろいろしちゃうところも。

その気にさせろっつわれて梶くんが上にのっかってキスするシーンがあるんだけどね、
その時の梶くんの一生懸命な鼻息に大興奮です

原作に忠実なので、絡みはわりとあっさりめです。
あっさりめながらも各トラックにそういうシーンが入っているので、不思議と不満はないのよ。
なんだろう。梶くんの絡みはがっつり聴くよりも、あっさり聴くのに向いてると思うのよね。

別に下手とかそんなこと言ってないよ?
下手じゃないけどあんまし色気がないというかなんつーか

なんか色々されてるときのお声は色っぽいんだけど、
挿入されてからのあえぎに色気がないっつーか。
でもね、梶くんはそれでいいと思うのよ。あんまし色気いらないっつーか。
あんまし色気あっても、こっちが照れちゃうから。どうした梶くんなっちゃうから
とか言いつつも、かすれ気味に「店長…」言うお声にぎゅんときまちた

とにかく梶くん好きにはたまらないCDです。
原作のイメージそのもので、感動するから。
てか、山本小鉄子先生の受けくんには梶くんのお声がぴったりだと思う。


店員3人もいらないだろこの花屋って思ったのは内緒な。




 

posted by 飯田橋 at 21:43| Comment(0) | BLCD・ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。