2013年02月20日

「Ariard-少年アリス-感想」

『Ariard-少年アリス-』




Latteさんのデビュー作でございます。

まずなにに驚いたって、絵がとにかく綺麗。
背景も立ち絵もスチルもとにかく全てが綺麗。
画集が出たら買っちゃうと思う。
もうそれくらい、とにかく綺麗なんです。

でもって、音楽がすごくいい。
鈴葉ユミさんが担当されていまして、
物語の世界にどっぷりとつかれる音楽です



で、肝心のストーリーなんですが、
ダークファンタジーと謳ってるわりには、
どこがダーク?という印象です(私基準です)

あのね、主人公の少年に共感できないことが多いんです
なにかにつけて拒絶すんの。それがイラついてね。

あと、攻略キャラが、そんなつまんない理由でそんなことしてたの?って行動が多いの。
各キャラルートの終盤、真相が明らかになるじゃない?
なんかすっごい理由を期待してるじゃない?
でも、語られる真相に肩すかしを食うことばっかだったのね

あとね、これが一番言いたい。
全体的に、色気がないの

そういうシーンは、割と多いんだよ?
でもね、色気がないの。

文章に色気がないのと、キャラクターに色気がないのと、
セリフに色気がないのと、スチルに色気がないんです。


プレイヤーは、きゅんとしてハァハァして、
心のちんこをしこしこするためにプレイしてるんです。
身悶えながら畳をごろごろと転がっちゃうようなセリフを期待してプレイしてるんです。

キレイなイラストだけじゃ抜けません。
もっと、息遣いや汗が感じられるシナリオやスチルじゃないと、
プレイヤーの心のちんこは勃たないよ?

声優さんに関しては、文句ありません。
とにかく豪華。

帽子屋がすっごくいいお声です。
この方のこういう優しいお声と演技がすごく好きだな〜。

野次馬根性さん目当てで購入をしたのですが、
今回はもだえるほどのエロボイスは聴けずでした。残念。

そうなのよね。せっかく素晴らしい声優さんたちが勢ぞろいしているのに、
そのお声を存分に活かした身悶えるセリフがないっていうのは、
残念以外に言葉がないやな。
なんのための18禁じゃい。

キャラクターで好きなのは、蛹と王様ですね。
王様は攻略対象ではないけれど、基地外じみてるところがなんとも好きでした。
ていうか、王様こそ攻略キャラにすべきなんじゃねーの?


かなり辛口なことを書いてしまいましたが、面白かったですよ?
この値段でこのクオリティーは、
ほんとにすばらしいことだと思います。


てなことでまとめ。
大人キャラ全員ショタコンじゃねーか。
特に帽子屋。おまえ軽く引くわ。
でも嫌いじゃない。むしろ大好きだ

Latteさんの次作に期待しています。

 



posted by 飯田橋 at 22:40| BLゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。