2013年03月19日

「背中合わせの恋vol.1」



【送料無料選択可!】「背中合わせの恋」ドラマCD Vol.1




禎丞…おそろしい子(白目)




松岡くんメイン初受けCDでございます。

いや〜この日を待ってましたよ。
初めてお声を聴いたのは「戦国ブログ型朗読劇 SAMURAI.com 叢雲-MURAKUMO-」でした。
その真っ直ぐなお声と演技に、この人BLに来てくんねーかなーといつも思っておりました
最近は大変素晴らしい活躍をされてますしね。


で、感想ですが、原作未読です。ごめんなさい。
これ、かなり原作をはしょってるんじゃないのかな?
聴いてて、ん?って箇所がいっぱいありました。


ていうか、ストーリーがね、かなりイラつきます
ストーリーにもイラつき、キャラクターにもイラつきって感じ。
いや、攻めの行動は若さゆえだから仕方ないと思う。思うんだけど、なあ?

なんつーか、演じてらっしゃる声優さんたちが、キャラクターそのものの演技をされていて、
演技を聴いているように思えないのね。
本当に実在する人物がしゃべってるように聞こえるのよ
だから、余計にイラつくんだと思う。
攻めに言われるままに女の子と体験しちゃう受けの気持ちがおばちゃんにはわからんよ。


で、松岡くんですよ。
とにかく全力で演技されてるなと聴いてて思いました
全力なんだけど、すっごく自然なの。


あのね、すっごく耳馴染みのいい声なんです
しかも、語尾が綺麗。これ重要。
ものすごく童貞声なんだよ。
でも、ほのかな色気がにじみ出ているお声なの


その色気が、あえぎでは匂い立つんです
息一つ一つに色気があるの。でも、いやな色気じゃないの。
ものすごくさらっとしていてまとわりつかないの。

ただ残念なことに、絡みのシーンでは、シャワーの音とモノローグで、
あえぎがじっくりと堪能できなかったのよねー。ちっ。

にしても、ほんっと松岡くんの演技が素晴らしくてね、そのことに感動したの。
彼は、役をおろして演技するタイプなんじゃないのかな、
なんてことを聴きながら思ったんですが、どうでしょう。



きびしいことを言いますと、ストーリーがね、きゅんきゅんしないの。
聴いててイラついてばかりなの(私基準です)
とはいえ、続きが気になってしょうがないんだけどね。
次巻はらぶらぶちゅっちゅが聴けるのかしら。楽しみです。



posted by 飯田橋 at 14:56| BLCD・さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。