2013年05月31日

「叶先生のすべて」



2013年4月発売CD【コミコミ特典描き下ろしペーパー付♪】ドラマCD「叶先生のすべて」




「え?パンツ?もちろん食べたいですけど」

そういうお話です。


超ネガティブ作家と変態担当編集のほのぼの(?)ラブストーリーです。


寺島くん演じる叶先生はね、どうしたらそんな考え方になるんだってくらい
ネガティブでめんどくさいやつなのよ。
で、羽多野くん演じる担当編集の日高は、叶先生のそんなところも可愛くてたまらないっていう
懐の深い変態なのよ


なんつーか、こういうめんどくさい人を好きになるくらいだから、
普通じゃないよなって納得しちゃう変態ぷりといいましょうか

まーでも、好きな人のパンツ食みたいっていう気持ちはわからないでもないけどさ(え?)


でね、この叶先生、泣いて叫んでツンでデレでして、そんな大変な役を寺島くんが
原作のイメージそのものに演じてらっしゃいます
いやもう、お見事の一言です。

でもって、変態役といえば羽多野くんよね(ごめん)
原作のイメージそのものでして、叶先生がネガティブにうわーって取り乱しても、
笑顔ではいはいよしよしこのすきに泣き顔写メっちゃえパシャリ、みたいな人なのね。


なんつーか、仲良しの2人だからこその息のぴったりさと言いましょうか
この2人だからこそ、何度も何度も繰り返し聴きたくなるCDに仕上がってると思うのよね。


ん?そういや意外なことに、この二人の対決ってあんましないよね?
なので2人のファンとしては、とてもうれしいカップリングであります。
だってさー、自分が女の子だったら渉くんと付き合いたいって言うのよ寺島くんは。
羽多野くんは拓篤って呼び捨てなのに、寺島くんは渉くんて君付けなんだよ?
そんな2人の対決ときたら、ファンにはよだれものです。


にしても、フィフスさんのなにがいいって、
絡みを増量してくれるところだやな
原作ではわりとあっさりだった合体ですが
CDでは丁寧に乳首を攻めるという粋な計らいをしてくれてます。

またさ、羽多野くんのキス音がやらしいんだこれがまた。

でもって、寺島くんのあえぎはほんとずっと聞いていたいあえぎだよね
派手なあえぎじゃないんだけど、色っぽいの。
吐く息まで甘いんだけど、さらりとした色気なのよね。



で、この作品の私的ひそかな目玉は、松岡禎丞くんでして、
禎丞…恐ろしい子(白目)


いつもの透明感のあるお声からは全然想像つかない低いお声でして、
ほんっと原作のイメージどおりの先輩なのね。
ちょっと見た目くたびれた感じでそれがお声に出ていて、
禎丞恐ろしい子(白目)
ますます松岡くんが好きになりました。

なんつーか、当て馬が出てくるわけでも、ものすごいピンチが2人を襲うわけでもなく、
惚れた腫れたのお話です。
なので、つるっときけます。
つるっと聴いた後にはまた聴きたくなっちゃう、
しかも聴けば聴くほど味がでるという作品です

聴き終わった後に幸せな気持ちになれるこのCD、ぜひともおすすめですよ♪



 

posted by 飯田橋 at 22:15| BLCD・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。