2014年02月06日

「勝手にBLCDアワード2013」

わたくし飯田橋が独断と偏見で決める
『勝手にBLCDアワード2013』でございます。


2013年に発売されたBLCDの中で、私が聴いたものの中から選ばせていただきました。


2013年発売されて聴いたCD↓

「恋惑星へようこそ」
「最恐教師〜教師も色々あるわけで〜」
「クロネコ彼氏のアソビ方」
「背中合わせの恋 vol.1」
「初恋のあとさき」
「ばらのはなびら」
「密室の密やかな星」
「叶先生のすべて」
「ラブカフェモカ」
「第二ボタン下さい」
「プレイゾーン〜肉食彼氏と快楽天使〜」
「背中合わせの恋 vol.2」
「ぷちっとはじけた」
「ブサメン男子♂〜イケメン彼氏の作り方〜新たなるイケメン」
「NightS -ナイツ-」
「≠(ノットイコール)2」
「ハートの隠れ家」
「宇田川町で待っててよ。」
「だってまおうさまは彼が嫌い」
「だからキミが愛しんだ。」
「ポルノスーパースター」
「臈たし甘き蜜の形代」
「囀る鳥は羽ばたかない」
「僕らの三ツ巴戦争」
「悪だくみにも花はふる」
「クロネコ彼氏の甘え方」
「きみの目をみつめて」
「愛の巣へ落ちろ!」
「バスルームより愛を込めて2〜降りかかる受難は蜜のしずく〜ありえない連鎖∞これってマジ現実?」
「ヒマなのでハジメテみます。」
「茅島氏の優雅な生活 上」


【新人受け賞】

・松岡禎丞
・逢坂良太
・江口拓也


【助演男優賞】

・山中真尋


【主演受け賞】

・小野友樹
・吉野裕行
・興津和幸
・武内健


【主演攻め賞】

・佐藤拓也
・羽多野渉


【特別賞】

・おしおきセールスマン
・大正メビウスライン ドラマCD


【優秀作品賞】

・恋惑星へようこそ
・密室の密やかな星
・叶先生のすべて
・第二ボタン下さい
・宇田川町で待っててよ。
・茅島氏の優雅な生活 上


【最優秀作品賞】

・宇田川町で待っててよ。



あくまでも私個人の意見です。人の意見は十人十色だと思います。
みなさまに同意を求めているのではなく、
BLCD歴12年のアラフォーの意見として読んでいただければ幸いです。


2013年はうれしいことに、たくさんのBLCDがリリースされました。
そして大変うれしいことに、たくさんの新鋭が出てきてくれました。

世代交代だな〜と思ったのが「僕らの三ツ巴戦争」、「プレイゾーン」です。
これからのBLCDをしょって立つであろう若者たちの熱演は、聴いててとても新鮮でした。

逢坂良太さんの2013年の活躍は、本当にすばらしかったですよね。
その勢いでBLにも来ていただけて、うれしい限りでございます。
彼のまっすぐな童貞声が大好きです。

そしてそして、松岡禎丞さんですよ。
もうね、彼がBLメインできてくれる日を本当に待ってた!
しかもあえぎが上手い!禎丞恐ろしい子!(白目)

2013年は、いままで以上に声優さんの演技に惚れこむ一年でした。
とにかく、興津和幸さんに完敗です。
受けも攻めも完璧にこなし、しかも声の幅も役の幅も広い。主演だけでなく、
当て馬的な役や引っ掻き回す役など、とにかくどれをとってもすごいとしか言葉がでません。
私はいまだにアニメを見ていても彼の声を聞き分けられないんです。
それくらい、いろんな役をやってらっしゃるから、イメージが固定されていないんですよね。

同じように、山中真尋さんもすごい役者さんだなと思います。
だってチンチロと聖司くんが同じ人が演じてるんだよ?
彼の綺麗で色気のあるお声が大好きです。メインでやってほしいな。

作品としてすばらしかったのが、「宇田川町で待っててよ。」です。
秀良子先生が描かれる独特の雰囲気を見事に音だけで表現されてました。
主演2人の演技がね、ほんっと素晴らしかった。
特に小野友樹さん。あの難しい役を声だけで見事に表現されてて、鳥肌ものです。

おのゆーの2013年の活躍もすばらしかったですよね。
BLにもたくさん出てくださいました。
しかも受けも攻めもこなして、すごい声優さんですよ。
私個人的には、荒くれた攻めよりも、色気がにじみ出る受けの方が好きです。
あの顔のどこからあんな色っぽい声が出ると想像するよ(褒めてます)

特別賞の2タイトルは、私の中ではBLCDにカテゴリーされていないんです。
でもね、2013年に一番聴いたCDが、この2タイトルなんです。
「大正メビウスライン」はね、ゲームファンにはたまらないCDでございますよ。
鯱矛太郎さんのあえぎがね、ほんっと素晴らしいんだ。BLCDにきてくんねーかな。

「おしおきセールスマン」はね、ほんとよくやったと拍手したい。
いつ某所から怒られるんじゃないかとひやひやですが、長く続けていただきたいです。

前回、この「勝手にBLCDアワード」を書いているときは、
これからのBLCD界はどうなってしまうんだろうと、ちょっとだけ絶望的な気持ちだったんです。

でも今回は、2014年はどれだけたくさんの素晴らしい作品に、
声優さんの演技に出会えるのだろうと、わくわくしています。

BLCDの制作にかかわってらっしゃるすべてのみまさまに感謝を申し上げます。
いつも素晴らしいCDをありがとうございます。

2014年も、素晴らしい時間を過ごすことができますように。

posted by 飯田橋 at 21:47| BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

「勝手にBLCDアワード2012」


わたくし飯田橋が独断と偏見で決める
『勝手にBLCDアワード2012』でございます。

今年発売されたBLCDの中で、私が聴いたものから選ばせていただきました。


2012年に発売されたもので聴いたBLCD↓


「えんどうくんの観察日記」
「オレンジのココロ-トマレ-」
「夢のような話」
「なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど」
「パラスティック・ソウル」
「情熱のイングリッシュローズ」
「どうにもなんない相思相愛」
「よろめき番長」
「ひみつのセフレちゃん」
「リンゴに蜂蜜」
「カテキョ!3」
「イベリコ豚と恋と椿。」
「丸角屋の嫁とり」
「僕はすべてを知っている」
「秋山くん」
「幸せになってみませんか」
「ブサメン男子♂〜イケメン彼氏の作り方〜」
「微熱の果実〜バタフライ・スカイ〜」
「嘘みたいな話ですが」
「飴色パラドックス2」
「≠ノットイコール」

【新人賞】

・島崎信長
・小野友樹


【主演受け賞】

・代永翼
・島崎信長


【主演攻め賞】

・小野友樹
・興津和幸


【優秀作品賞】

・オレンジのココロ-トマレ-
・パラスティック・ソウル
・僕はすべてを知っている
・イベリコ豚と恋と椿。
・嘘みたいな話ですが
・≠ノットイコール


【最優秀作品賞】

・オレンジのココロ-トマレ-
・嘘みたいな話ですが







あくまでも、私個人の意見です。人の意見は十人十色だと思います。
みなさんに同意を求めているわけではなく、
BLCD歴11年のアラフォーの意見として読んでくだされば幸いです。





好きな声優さん、好きな原作を中心に聴いているので、
とても少ない中での選出となりました。

なんといっても今年は期待の新鋭が頑張ってくれました。
島崎信長くんの可愛さにノックアウトです。
メイン受けデビューがあの作品で、ほんとによかったなと心から思うもん。
役と見事にマッチしたあの初々さは、ベテランでは出せないよ?

でもって、小野友樹さんですよ。
今年はほんっと素晴らしい活躍でしたよね。
将軍しか知らなかった私は、
その素敵ボイスと惹きつける芝居に驚き、そして酔いしれました。
しかも、あえぎが上手い!色っぽい!
来年も期待していますよ。
(ドM倶楽部最高でした)


作品としましては、おとなしい作品が多かったというか、
何度も繰り返し聴きたくなるCDが少なかったというか。

そんな中で、私が今年一番聞いたBLCDは「オレンジのココロ-トマレ-」です。
もうね、代永くんの演技がほんっと素晴らしいの!
つらいと泣く演技に、気持ちを爆発させる演技に、
そして、色っぽくあえぐ演技に、とにかくすごいしか言葉が出ません。


でもって「嘘みたいな話ですが」ですよ。
なんか久しぶりに楽しいCDを聴いたなって思いました。
楽しいだけじゃなくて、めちゃくちゃえろい。
最近えろが多いBLCDが少ない気がするのよね。
ていうか、今はリブレさんぐらいじゃね?
リブレさんにはこれからも、楽しいBLCDを作り続けていただきたいです。


今年はBLCD全体として、とてもさみしい枚数のリリースでした。
そしてとても悲しいことに、ムービックさんのBLCD撤退です。

BLCDのリリースと比例して、乙女向けのシチュエーションCDがたくさんリリースされた年でもありました。
確かに、ダミヘを使ったCDは聴いててドキドキします。
でもやっぱ、私としては会話を聴きたいんです。
聴きながら、本当にある作品の世界の会話を盗み聴きしている錯覚に陥りたいんです。

ここ一年、ブログにアップしているBLCDの感想が減っているのは、
感想を書きたい、感動をみんなに伝えたい、と思える作品が少なくなってきているからだと思うんです。
演じてらっしゃる声優さんたちの演技は素晴らしいです。
作ってらっしゃるスタッフさんたちも一生懸命です。
でもどうしてだろう。心に響く作品が少ないように思います。

最近の私のブログが18禁ゲームの感想ばかりなのは、
わくわくやどきどきを求めて18禁ゲームばかりをプレイしているからなんですよね。
前は、BLCDがわくわくやどきどきを与えてくれていたんだけどな。

アニメなどで素晴らしい活躍をされた若手の声優さんなどは、
数年前ならすぐにBLCDにお呼ばれしていたんですが、
今はリリースされる枚数が少ないので、それが叶わない状態だと思うんです。
BLCDで旬な声優さんを知る感じだったんですけどね。とっても残念なことです。


年のせいか、ちょっとぐちっぽくなってしまいました。ごめんなさい。
前回と同様、来年のBLCD業界に望むことは、
これ以上リリースされる枚数が減ってほしくないことと、期待の新鋭が現れること。

この年末に、解散したムービック第6事業部のスタッフがBLCDを作るためのレーベルを
立ち上げたという嬉しいニュースが入ってきました。
未来は明るいはず。

BLCDの制作にかかわってらっしゃるすべての方に感謝を申し上げます。
いつも素敵なCDをありがとうございます。


来年も、たくさんの素晴らしいBLCDを聴くことができますように。

posted by 飯田橋 at 22:49| BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

「勝手にBLCDアワード2011」


わたくし、飯田橋が独断と偏見で決める
『勝手にBLCDアワード2011』でございます。

今年発売されたCDの中で、私が聴いたものから選ばせていただきました。

今年発売のもので聴いたBLCD↓

「みづいろとぴんく、それからだいだい。」
「犬は夢見て恋をする」
「言ノ葉ノ世界」
「アイツの大本命3」
「恋愛年齢」
「STEAL!恋するValentine」
「STEAL!愛されWhiteday」
「ティアドロップ」
「Punch↑4」
「3軒隣の遠い人」
「ブーランジェの恋人」
「全ての恋は病から」
「してみて。」
「無慈悲なオトコ」
「地下鉄の犬」
「妄想エレキテル2」
「飴色パラドックス」
「僕の先輩」
「カテキョ!2」
「鮫島くんと笹原くん」
「侘びとエロスのお稽古」
「職業、王子」
「グッドモーニング」
「ホントのところ」
「不埒なスペクトル」
「部活の後輩に迫られています」
「言ノ葉日和」



 

【優秀主演受け賞】

・間島淳司
・梶裕貴
・立花慎之介
・野島裕史


【優秀主演攻め賞】

・日野聡
・平川大輔
・前野智昭


【優秀作品賞】

・言ノ葉ノ世界
・僕の先輩
・鮫島くんと笹原くん
・侘びとエロスのお稽古
・職業、王子
・グッドモーニング
・不埒なスペクトル


 

【最優秀主演受け賞】

・梶裕貴
・立花慎之介


【最優秀主演攻め賞】

・日野聡



【最優秀作品賞】

・鮫島くんと笹原くん
・不埒なスペクトル



【特別賞】

・言ノ葉日和
・STEAL!恋するValentine
・STEAL!愛されWhiteday

 

今年は馴染み深い声優さんの新たな一面を知り、惚れこむ一年でした。
梶くんの受けとしての成長に、とにかく驚いた。
(声優さんとしても、ものすごく飛躍されてたと思います!!!)
「侘びとエロスのお稽古」での色気にほんと驚いたもん。
色気だけじゃなく「僕の先輩」でのハゲタカでハイエナの演技もほんと素晴らしかった。

でもって「不埒なスペクトル」での立花さんの演技に完敗です。
もうね、どこをどう聞いても真幸なの。
立花さんが演技をしているんじゃなくって、真幸がしゃべってるとしか思えないの。

そして、日野さんにもノックアウトです。
実は、今年初めて日野さん主演のBLCDを聴いたんです。
アニメではお馴染みだったんだけど、BLCDでじっくりと聴いたことがなかったので、
脳内のフォルダに日野さんのお声が保存されていなかったのよ。
もうね、そのお声の真っ直ぐさ、語尾の綺麗さに驚いた。
でもって、絡みがうまい!!!
攻めあえぎのお声がさ、艶と雄臭さと熱さが増して、聴いてて照れちゃうもん。
某18禁乙女ゲームでのお声にほんとめろめろですわ。


作品としては、すごくいい作品がたくさんCD化されたなと思います。
そして、どの作品も、イメージ通りのキャスティングだったのではないでしょうか。

とにかく繰り返し聴いたのが「鮫島くんと笹原くん」です。
この原作大好きでね、CD化されるってんで、すっごく不安だったの。
もうね、とにかくすべてが素晴らしいCDでした。さすがムービックさんですよ。
何度聴いても面白いCDって、めったに出会えないと思うのよ。
大好きな作品で、それが実現しちゃうなんで、すごく幸せだなと思いました。

「STEAL!」シリーズも、何度も繰り返し聴いたCDです。
もうね、神凪儚さん大好き!!!
ちなみに一番多く聴いたのは、亮一兄さんと桐生です。

そしてそして、「言ノ葉日和」ですね。
もうね、Atisさんほんとありがとう。
ものすっごく好きな作品をCDで、しかも好きな声優さんのお声で聴けるなんて、
夢のようだよなーって。好きな声優さんが演じているんだけど、
実在する長谷部と余村がしゃべっているとしか思えないのよ。

 



とても素敵な作品たちを堪能できて、幸せな一年でした。
来年のBLCD界に望むことは、これ以上リリースされる枚数が減らないでほしいことと、
期待の新鋭が出てきてくれることです。

気づいたら、BLCDを聴き始めてから10年が経っていました。
声で演技をすることの素晴らしさに魅了されてから、10年です。
BLCDは私の活力でもあり、生活の一部でもあります。
制作してくださってるみさまに、素敵な演技を聴かせてくださる声優さんたちに、
心より感謝いたします。幸せな時間をありがとうございます。

BLCD界の更なる発展を心より望みます。
来年も、幸せな時間を過ごせますように。

posted by 飯田橋 at 21:22| Comment(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。