2013年03月13日

「あなたを密室で取り調べCD 第2弾〜交機 埜上浩太編〜」


「あなたを密室で 取り調べCD」 第2弾 〜交機 埜上浩太編〜





「名前を呼ぶのはもうちょっと俺といろんなことしてからな」


やだ……こんなワイルドなえぐー初めて///



全編ダミヘ収録でございます。
靴音とか衣擦れとかも、えぐーが出してるそうですよ。

しかもこのCD、BGMがないのよ。
なので、息を吸う音や吐く音、口を開ける音、そういうのが丸聴こえで、
しかも耳元でなので、聴いてて「うひやあああああああ」ってなります。

えぐー演じる埜上浩太くん、かなりの肉食です。
がつがつせめてきます。

「いーんだな?逃げねんなら食っちまうぜ…ちゅ…ちゅ…ちゅ…ん…そんな抵抗じゃよけいに俺をあおるだけだぜ…ん…ちゅ…どーする?このままだと俺、とまんねーよ」
「なあ、おまえのその顔、超そそられる。マジで、今すぐ押し倒したいんだけど」

やだ……こんなの私が知ってるえぐーじゃない///
(私が知ってるえぐー→DT声優)


あのね、えぐーのキス音初めて聞いたんだけどね、とってもお上手なんです。
ちゅくって音や、間に入る「ん」の声がね、なんとも生々しいんです。

「(耳元で)やべーがまんできねー、キスさせろ…ん…ちゅく…ん…ちゅ…んふ…ちゅ…ちゅ…」
「俺に全部預けたくなるくらい、よかっただろ?」
「この後はおしゃべり以外のことしようぜ?(耳元で)待ては聞かねーよ、もう黙ってろ」
「お前の体は俺のもんなんだからな、傷をつけるなよ…ちゅ」
「次の休みに(耳元で)手錠プレイしたい」
「次の休みは寝かせてやらないからな」
「後ろから見える首筋ってえろすぎ。ちゅ…ちゅちゅちゅちゅちゅ…ん…やべー、ひよこちゃんの首筋ちょーいい匂いがすんだけど。なあ、しようぜ。だーめ。待てねーよ」

そんな強引で俺様な浩太くんですが、彼女に弱いとこ見せちゃうんです。
そのギャップに胸キュンです。いつもながらの強引さなんだけど、
その声に落ち込みをにじませるその演技に、この人すごいなーって思いました。

「今日は俺に恥ずかしいことたくさん言わせたんだから、今度は誰にも見せたことがねーお前の全部、俺に見せてもらうからな。覚悟しろよ(耳元で)今夜は寝かせねーぞ」
「ツーリングの前の軽いエクササイズいいだろ?」
「悪い。やっぱ訂正させて。軽いってのは取り消し(耳元で)じっくりふかーく愛してやる…ちゅ」

(畳をごろごろと転がりつつ)
あああああん!こんなえぐー初めて///

なんつーか、えぐー演じる埜上くんの強引さが、なんとも心地いいのよ。
ていうか、えぐーのこういうえろを出す役ってのを聴くのが初めてなのよ。
いやマジでうまいわよ。えぐーはできる子。

こういう色っぽいお仕事もっと増えてほしいな〜。
あんましないことが不思議なんだけど。
できればBLでもお待ちしております。 

posted by 飯田橋 at 21:31| シチュエーションCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

「幼馴染の彼 黒ルート」

★「幼馴染の彼 黒ルート」CD
幼馴染の彼 黒ルート



「この写真?もちろん全部俺が撮ったんだ?どうしておかしいんだ?好きなこのことを全部知りたいのはあたりまえだろう」




ステラワース」さんオリジナルのシチュエーションCDです。

 

白ルートがゲロ甘な告白CDに対して、
黒ルートはヤンデレな告白CDでございます

いやもうすごいのよ十利須我里さんの病んだ演技が!



以下、ネタバレです↓


なんつーか、最初からさわやかな青年声じゃなくって、
なんとなーくダークな部分をにじませたお声っつーの?
その辺の演じ分けがすごいなーと思いました。


偶然駅でばったり会った幼馴染を自分の家に誘い、彼のコレクションを彼女に披露します。

「(さわやかに)全部お前の写真だよ?幼稚園の頃から最近のものまで全部ある」

次々に、隠し撮りしたものを彼女に見せていきます。

「(嬉しそうに)これなんてよく撮れてるだろう?先週の日曜日、お前が買い物に行った時の様子だよ。あのときに買った白いワンピース、いつ着るんだ?」

きらきらとでも確実に病んでいる声でストーカー行為を告白していくのよ。
売ってる人形を彼女仕様にカスタマイズするくらい、好きで好きでたまらないのよこの彼は。
しかも実際彼女が買った服の生地を手に入れてのカスタマイズなんだで?軽く関心したわ。

「このまま…ここに閉じ込めちゃってもいい?」

「ダメだよ…逃がさない。だってここを出たら、お前、あの男と会うんだろ?」

「お前には俺だけを見ていてほしいんだ。ほかのやつなんて、見てほしくないんだよ。子供のころから、ずっとずっとお前は俺だけ見てくれたじゃないか。これからだって、ずっとずっと、俺だけを見ていてくれよ」

「俺にはお前しかいないんだ。お前のことが好きで、好きで好きで好きで、好きで好きで好きで好きでどうしようもないんだ!!!なあ、俺はどうしたらいいんだ?教えてくれよ!!!」

これね、ほんとすごいのよ十利須我里さんの演技が。
先に白ルートを聴いたので、そのギャップに驚くし、演技のすごさに驚くしなのね。

で、彼女を監禁してベッドに縛り付けてはぁはぁすんだけどね、
そのはぁはぁっぷりが鳥肌ものなの。


気持ち悪いストーカーの演技ったらナリケンさんを思い浮かべちゃうんだけどさ(ごめんなさい褒めてます)今度から十利須我里さんを思い浮かべちゃうと思う。
それくらい、すごいの。もうね狂ってるのよ。


でね、白ルートよりもダミーヘッドマイクの効果が絶大なの。
ぞっとするセリフを耳元でささやかれるんだで?
しかもその息が気持ち悪いくらい熱くて湿ってて、まとわりついてくるんだで?

「やっぱり想像してたのと、人形の肌とも全然違う…ちゅっ…はぁ…はぁ…夢の中では…はぁ…何度も何度も抱いてたのに…本物がこんなにすべすべしてて…しっとり、手に吸い付くなんて…想像してなかったよ…」

「お前、我慢してるの?震えてるよ?…気持ちよかったら…声出してもいいんだよ…はぁ…でも、その我慢する顔が…可愛い…はぁ…すごい…はぁ…かわいい…その顔だけで…俺…もう…はぁはぁはぁはぁはぁ…うっ…はーはーはーはーはー」


白ルートでは朝チュンでしたが、こっちではしこしこしていっちゃってます。

このCD、音がとってもリアルなんです
時計の音や心臓の音、白ルートだと風の音や虫の音など、
それがすっごく効果的に使われているんです。
もちろん、ベッドの軋みもリアルですよ〜。

でもって、十利須我里さんのねっとりとした息と水を多くふくんだキス音がね、
これまたリアルなんだ。しかも、耳元でよ?

女性向けのでここまで病んだCDてないと思うんだ。
しかも何度も書くけど、十利須我里さんの演技がほんっとすごいの!感動するもん。


いやもうほんと、素晴らしいCDをありがとう、ステラワースさん!
でもって、素晴らしい演技をありがとう、十利須我里さん!
これを聴いてさらに利須我里さんにめろめろにされてしまいましたわ。

十利須我里さんファンはぜひとも聴いていただきたいですね。
生ぬるいシチュエーションCDに飽き飽きしてる方にも聴いていただきたい。
1500円以上の価値のあるCDです。



 

posted by 飯田橋 at 22:12| Comment(0) | シチュエーションCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

「幼馴染の彼 白ルート」

☆「幼馴染の彼 白ルート」CD
幼馴染の彼 白ルート






ステラワース」さんオリジナルのシチュエーションCDでございます。

もうさ、十利須我里さんのお声が好きすぎて、ぐーぐるさんに十利須我里さんのことお尋ねしたところ、
このCDを教えてくれました。出てること知らなくてごめんよ。

まず、うっっひょーってなったのが、シナリオがひよさん、イラストが由良さんだってこと。
私ね、ひよさん大好きなのよ!!!


大学に入ってから疎遠になった幼馴染と駅でばったり会って、
かかってきた電話に出るか出ないかでルートが変わるコンセプトのCDです。




てなことで、以下ネタバレです↓




白ルートはもうね、ゲロ甘です
十利須我里さん演じる彼がもう、
幼馴染の彼女を好きで好きでたまらないってのがだだ漏れです
だだ漏れのくせに、童貞くさい感じにデレるのよ。
それがもうね、聴いててにやにやすんの。

あたしね、十利須我里さんの普通の青年声って好きなのよ。
てか、十利須我里さんが演じるキャラクターって、
すっごく自然なのよ。ちゃんと息をしてるっつーの?

ピクニック行ってきゃっきゃうふふして、彼女がお弁当作ってきてくれたのにすっごく喜ぶのね。
それがまた本当にうれしそうだから、聞いてて照れちゃうわさ。

で、彼女をからかっときながら、時々真面目な声でぽそっとつぶやくの。

「残ったって構わないよ。どうせ俺がもらってやるんだから」

もうね、きゅん死にするわ。

家がお隣同士なので、ベランダを乗り越えての告白です。

「キスしても…いいか?だ、だったら…目を…瞑れよ。ほら、早く……ん…ちゅっ」

うっとりするくらい、キス音が綺麗なのよこれがまた。

で、彼女の部屋にお邪魔して、自分が昔プレゼントしたものがあって、感動するの。

「俺はお前がくれた折り紙の花やメモ帳やぶって書いた小さな紙まで全部取ってあるんだからな」

やだ…気持ち悪い 一途
この気持ち悪さ 一途さが、黒ルートで発揮されるわけですね?

 

「(耳元で)ごめん…大事にするって言ったのに…ちゅ…はぁはぁ…俺…はぁ我慢…はぁ…できないかも…はぁ…ちゅっちゅっ…はぁ…いやだったら…ちゅっ…いやだって…ちゅっ…はっきり…ちゅっ…言ってくれよ…そしたら…ちゅっ…はぁ…やめる…から」

(鼻にティッシュをつめつつ)息とちゅー音が生々しいんです!!!
しかもね、息がすっごく熱いの!

「あのさ、もしかして、下に両親いる?」

外から聞こえる虫の音とベッドのかすかな軋みがなんともリアルで、
しかも熱っぽくそんなこと聞いてくるから、ぶはってなったわよ。

「そうか…じゃあ…ん?んーん…やめないよ。ただ…大きな声は…ちゅっ…んふ…ちゅっ…(ささやくように耳元で)出さないように」

「(耳元で)キスくらいはするかも。それ以上も、するかも。なんでダメって言わないの?それ以上もしていいってこと?」


(畳をごろごろとのた打ち回りつつ)
いやあああああああああ。死ぬ!きゅん死にする!!!

だって耳元で言うんだよ?
しかも息が熱いんだよ?
口を開く音とか息を吸う音とかも聞こえるんだよ?

またさ、なんつーかキス音が、ちょっと水分を含んだ音っつーの?
だからすっごく生々しいのよ。それが耳元でだよ?


「生まれて初めての、おはようのキスだ。もう一回していい?んふ…ちゅっ…もう一回…はぁ…ちゅっ」


今までいろんなシチュエーションCDを聴いてきましたが、
ここまですごいの初めてかも。

だってね、何度も聴きたくなるんだよ?
ぶっちゃけますと、今まで聴いた中で、
繰り返し聴きたくなるシチュエーションCDってなかったんです。聴いて2回とか。

でもって、本番しているわけでもないのにえろい!!!
さすが源氏名なだけありますよ。

あの息にあのチューはね、ほんと聴いてて照れるから。
後半ずっとささやかれてちゅーされまくりなんだよ?

いやもう、ステラワースさん素晴らしいCDをありがとう。
これで1500円は安すぎだと思います。

 
 
 
 
posted by 飯田橋 at 22:42| Comment(0) | シチュエーションCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。