2013年11月17日

「宇田川町で待っててよ。」


【送料無料選択可!】宇田川町で待っててよ。 / ドラマCD (CV: 羽多野渉、小野友樹)
 
 
この先、俺はきっとこいつに、
泣いてあえいでみっともなくすがって、
入れてくれと懇願する日がきっとくる
 


すーっごくよかった(はふん)

原作好きとしましては、秀先生が描かれる独特の雰囲気や間を壊してほしくないわけですよ。
なので、CD化には、ちょっと反対といいますか、
ちゃんと作ってくれるんだろうなフィフスさんよ、てな感じだったわけですね。
 
いやもうごめん。
フィフスさんのこと舐めてたごめん。
 
もうね、感動するくらい原作のイメージそのものなんです。
音楽もすごくあっていて、物語の世界をさりげなく盛り上げてくれています。
 
でもってやっぱ、主演2人の熱演ぶりに、拍手です。
視覚的な要素がないので、とても難しい題材だと思うんですね。
それなのに、聴き手をすっと物語の世界に惹きつける2人の演技が、ほんと素晴らしかったです。
 
羽多野くんは、ほんとどんな役でもこなすよね。
もうね、薄気味悪い百瀬そのものです。
 

でもって、おのゆーですよ。
私ね、おのゆーは荒くれた役よりも、こういう役の方が激はまりだと思うのよね

 

繊細な気持ちの流れを声だけで見事に演じてらっしゃいます
ていうか、おのゆーが演じていると思えないんだ。
本当に存在する八代がしゃべってるとしか思えないんだ。
特に第六話は圧巻です。

 

てか、おのゆーが色っぽいんだ
あの顔からあんな色っぽいお声が出るなんて、誰が想像するよ(褒めてます)

 

絡みがメインのお話ではないので、そういうシーンは少ないです。
でもそこはフィフスさんですよ。かなりの増量をしてくれてます

 

おのゆーのあえぎは、いつまでも聴いていたいあえぎだよねー。
鼻から抜けるお声とか、震える息とかすっごく好き。

 

でもって、羽多野くんですよ。
彼はなにもかもが上手すぎて特に書くことないんだけどさ、
熱っぽい息とかキス音とかすっごく好きです。

 

ていうか、第六話の絡みはとにかくすごいの一言。
ハードとかそういうのじゃなくて、物語としてとても重要な絡みでもあるわけでして、
それをみごとにあえぎで表現しているおのゆーがほんと素晴らしいなと思いました。

 

全体を通して、とにかく素晴らしいの一言です。
フィフスさんは本当に、原作を大切に作ってくださるので大好きです。
しかも絡みを増量してくれるんだで?

 

聴いてよかったなって思えるCDって、なかなかないと思うんです。
原作ファンを満足させるCDも少ないと思います。

私個人的に、今年一番のCDです。
ぜひとも皆さんに聴いていただきたいですね。おすすめです。

 
 





 
 
 
 
posted by 飯田橋 at 21:40| BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

「おしおきセールスマン忌野狂助『第一話 快楽哀歌』」



同人アイテム●コミコミ特典CD&色紙応募券付◎●おしおきセールスマン忌野狂助

 



あなたの欲望を満たすほどの、未知なる快楽の世界にお連れいたしましょう。

ずがーん!!!





謎のセールスマンが約束を守れなかったクズ野郎に
性的なおしおきをするお話です


タイトルをジャケットのイラストを見て、
「ん?アレに似てるけど…まさかね」
と思いつつCDをスタートさせました。


(。゜З゜):゙;`;:゙;`;ぶっ



これ大丈夫?

入り方といい音楽といい、


ねえこれ大丈夫なの?

某所から怒られない?





いやでもね、すーーーーーっごく面白かったです
お話がきちんとまとまっているのよ
起承転結がとてもきれいでわかりやすいの。
ただ、らぶらぶちゅっちゅなお話ではないので、聴く人を選ぶかも。

え?私?大好物だぞこんちきしょうめ、もっとやれ。


で、みなさん。キャストに注目ですよ。
平井達矢さんと四ツ谷サイダーさんですよ。源氏名ですよ

フリートークでは、お馴染みのあの方たちなんだけど名前は裏名という、
なんとも不思議な感じを味わえます



で、絡みですが、これがまたすごいんです。
なんせおしおきですし、しかも平井さんですからね


クズ野郎に媚薬を盛って、お馬さんに乗せて、おもちゃをぶち込むわけですよ。
しかもこのクズ野郎、ノンケです
ノンケをひーひー言わせるのが大好きなお嬢さんにはたまらないCDでございます


またさ、四ツ谷さんがいいあえぎをするんだ
最初は激しく抵抗するのよ。でも、次第に快楽に溺れていくの。
そのお声の自然な変化に、四ツ谷さんすげーって思いました


あのね、四ツ谷さんのあえぎってね、ちょうどいい色気と言いましょうか。
色気全開すぎず、かといって色気がないわけではない。
すっと聴いていても、胸やけしないあえぎなのね。


でもって、平井さんはほんと天才だやな
ねーっとりとぞくぞくするお声でクズ野郎におしおきをするんです。


いきたい言うクズ野郎をじらしておしゃぶりするんだけど、その時のお声と音がもう、
ほんとにしゃぶってるとしか思えないんだけど

くわえるときの「あーむ」といい、ちゅぱっという音といい、スパートかけた「ん」の声といい、
口に出されたあと、ちゅーーーーって吸い取ってごくって飲む音といい、
いやもうほんとすごい声優さんですよ、平井さんは!!!

で、聴きながら、よーしクズ野郎に忌野さんのをぶちこんでひーひー言わせてやれと
鼻息荒くしているところに、忌野さんのこのセリフですよ。

「さあ、あなたが思うように、わたくしの中に入れてください」




( ゚Д゚)ポカーン


そっち!?

忌野さんそっちなの!?


あ、2回目は逆転してましたけどね。
でも、すぐにフェイドアウトしちゃったけどね。ちっ。


いや〜すっごく面白かった〜♪
ホントにドラマを聴いているって感じなんです
四ツ谷さんのクズっぷりが最高にすばらしいのよ。

 

フリートークを含めて46分という短さですが、
私はこれくらいが聴きやすいですね。飽きずに聴き進めることができます
完全に二人芝居なので、お二人の演技をじっくりと堪能することができますよ。

若いお嬢さんん方は元ネタを知らないでしょうが、知らなくても大丈夫。
最近のBLCDに飽き飽きしている方にもぜひとも聴いていただきたいですね。




 

posted by 飯田橋 at 22:12| BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

「嘘みたいな話ですが」


「嘘みたいな話ですが」初回限定生産[嘘みたいなセットですが]





「なんでこんな縛りができんだよ。普通できねえだろ!」
「(嬉しそうに)また褒められた。あ、それはあれですよ。北川さんがそうなってたらすげーいいなって思ったから、(きりっと)おれ、頑張って練習しました」
「だから褒めてねえよ!!!なにちょっといい顔作って気持ち悪いこと言ってんだ!!!」


そういうお話です。



いやもう、すーーーーーーーーーーっごく面白かった!!!

あのね、興津さんがほんっと気持ち悪いくらい中村なの。
なんつーか、興津さんほんとは中村なんじゃねーの?ってくらい中村なのよ。
てかね、あー声がつくと中村の気持ち悪さはこうなるのかーって思った。

もいっかい書く。ほんっと中村なのよ
気持ち悪いとことか可愛く照れるとことかやっちまって謝るとことか。
ほんとね、聴いてて感動するから。


でもって、野島兄ですよ。
ほんっと感動するくらい、北川なの。
受けなんだけど、すっごく男前なのね。

てか、私個人的に、ここまで怒鳴って叫ぶ役の野島兄が初めてだったので、
聴いててとても新鮮でしたね

なんつーか、今までの腰乃先生のCDったら、
攻めがわーってテンパってわーってえっちする感じっつーのかしら。

今回はですね、んもーとにかくえろい

スイッチ入った中村のはぁはぁっぷりと普段からは想像つかない強引さ
でもって、やめろって言いながらも強く拒絶しない北川さんがね、とにかく最高なのよ。


そんでね、2人ともキス音やちゅぱ音がえろい!
興津さんのちゅぱ音初めて聴きましたが、すっごくお上手でびっくりしました。


あのね、ぶっちゃけますと、
ここまですごい出来になると思っていなかったのね(ごめんなさい)

声優さんの演技がものすごく素晴らしかったのはもちろんですが、
演出はさすがの阿部さんですよ。
自然でさりげない、でも生々しい演出とでもいいましょうか。
実在する世界を盗み聴きしている気分になるんです。


とにかくすっごくおもしろかった!
なんつーか、すべてが聴きどころのCDといいましょうか
あのね。スルメなの。
聴けば聴くほど味が出るの。
何度聴いてもあきないの。それどころか、何度でも聴きたいの。
で、聴いたらさらに好きになるの


いやもう、このCDで、一気に興津さんのこと好きになっちゃったよ。
ブログからうかがい知る彼の人柄もとても好きです。うふふふ。




posted by 飯田橋 at 17:37| BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

「イベリコ豚と恋と椿。」


【送料無料選択可!】Dramatic CD Collection イベリコ豚と恋と椿。 / ドラマCD







めちゃくちゃおもしれーーーーっ!!!

 



ロミジュリで豚で繁殖小屋でハバナイスデイなんだけどね(全然わかりません)
いやもう感動するくらい原作のイメージそのものなんです

この作品、野島兄が攻めですよ。
私個人的に、野島兄の攻め聴くのって「くいもの処 明楽」以来かも。
普段受けばっかの人の攻め声聴くと、どきどきするよね

でもって、マジーもこういうやんちゃな役珍しいと思うんだけど、どうでしょう。
この二人のロミジュリとハバナイスデイの話は、
なんとも微笑ましくって聴きながらにやにやくすくすしちゃいます

前野×小野は、やっぱ特筆すべきはおのゆーでしょう。
いやもうほんっとおのゆーのお声はいい声よね!
あの顔からあんないい声出るなんて誰が想像するよ(ごめんなさい褒めてます)

初めて受け声聴いたんだけどね、これがまた、いいんですよ。
キャラクターが派手にあえぐ人じゃないので控えめなお声でしたが、
控えめな中にもほのかな色気が出ていて
その色気がまたずっと聴いていたくなる色気なんだなこんちきしょーめ。

 
 

あ、そうだ。忘れちゃいけません。
この作品を面白くしているのは、もちろんメインのみなさんの熱演もありますが、
脇を固めてらっしゃるみなさんがほんっと感動するくらい原作のイメージそのものに演じてらっしゃるからだと思うのね。しかも楽しんで演じられてるのが伝わってくるのよ。

特にホエー。おいしいとこ全部もってっちゃってるもん。
個人的には二枚舌がお気に入り。
あと、彫師のセリフがね、ぐっとくるんです。

 

この作品、漫画原作のBLCDにありがちな、
なにをしているか場面がさっぱりわからないってのがないんです。
うまい具合に、セリフやモノローグでカバーしてくれているんです。
やっぱ沙籐いつきさんの脚本は最高だね。
魅力的な原作を、さらに面白く仕上げてくれるんです


ぎゅーっと詰まってる作品と申しましょうか。
笑いも萌えも切なさも色気もすべてがぎゅーーーって詰まってるの
なので、聴き終わったらかなりの満腹感が得られます。

何度も何度でも繰り返し聴きたくなるこの作品、ぜひともおすすめです。

posted by 飯田橋 at 22:29| Comment(0) | BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

「オレンジのココロ−トマレ−」


【CD】ドラマCD 「オレンジのココロ−トマレ−」 原作 : 崎谷はるひ






「鼻で息しろ、鼻で」
「だ、だって…鼻息…あたっちゃう…」


すーーーーーーっごく面白かったっ!!!

原作読んでいるんだけどまったくもって内容を覚えていなかったのね。
あらすじ読んでも思い出せなかったという。
なので、原作に思い入れのない分、まっさらな気持ちで聴くことができました。

もうね、とにかく代永くんの演技が素晴らしかったの!!!

代永くん演じる朗はすごく複雑な家庭環境なんだけれども、みんなに愛されて育ったのね。
なんだけど、頼りたいときに頼れなくて、自分だけ母親の病状を知らされていなくて、
しかも、友達の元彼に脅迫までされてしまうの。

どん底の朗を助け出してくれた栢野(@高橋広樹)に助けてと泣きながらすがる演技に、
今までのつらい思いをぶちまける演技に、とにかくすごいとしか言葉が出ません
ほんとね、聴いてて泣いちゃったもん。今もね、書いててじわっとくるもん。

演じてらっしゃる2人の年齢差キャリア差も、いい感じにスパイスになっていると思うのね。
広樹の大人としての先輩としての大きさで、代永くんをしっかりと包み込んでいるように聞こえました。


そんな2人のお布団のシーンですが、これまたほんっとにすごいんだ。
崎谷先生がツイッターで犯罪臭がするとつぶやいてらっしゃいましたが、ほんとにすごかった。
なにも知らない朗に、栢野がいろいろすんのよ。


「この子、俺が剥いちゃっていいの?」

崎谷てんてー、犯罪臭の一番の要因は、このセリフだと思います


とにかく、2人の息一つ一つが、すごいの。
てか、代永くんがさ、ほんとにしてるとしか思えないんだけど。

セリフ一つ一つが、息一つ一つが、演技してると思えないの

「聞くなって言ったけど…しゃべるなとは、言ってない…」
この、言ってないの「な」が、息なのよ。
挿入されて苦しい中でのセリフなんだけどね、
それがまたさ、辛そうなのよ。でも、すんごく色っぽいのよ

もっと奥に入れるために栢野が深呼吸をさせるんだけど、
深呼吸をする代永くんの息が、震えてるのよ。
この人すげーって思ったもん。
そうだよね。入れられて苦しいんだから、息震えるよね。

感じながら言うセリフがとにかく色っぽいの。ねっとりとした作られた色気じゃなくて、
快感によって自然と出てしまった色気っていうのかしら

でもって、広樹がさ、愛しくてかわいくてたまらないってのがぶわーってにじみ出る演技すんのよ
しかも、べろちゅー音にまで、それをにじませていてね、うわもーこの人ほんとすごいなって思った。

つられていっちゃったことを笑う朗に、栢野がくちづけるんだけど、
その時の代永くんの声がさ、笑い声からくちづけに驚いて、その後甘くかわるのよ。
その変化がほんとお見事なの

いやもうほんと、代永くんはすごい声優さんですよ。
またさらに、代永くんのことを好きになりました。


もちろん、わきを固めてらっしゃるみなさんもさすがです。
やっぱ一番特筆すべきは、喜屋武役の間宮さんですね。
ものすごくいいお声でものすごく憎たらしい喜屋武をそれはそれは見事に演じてらっしゃったのですが、
間宮さんの風貌がね、とにかくびっくりした。裏組織にいる人ですか?って風貌なのよ
気になる方は、ぜひともAtisさんのHPでチェックしてみてください。

ぶっちゃけますと、買う予定はなかったんです。
ですが、Atisさんのアフレコレポや崎谷先生のレビューを読んでいたら、聴きたくなっちゃったのよ。
これが大正解。私の中で、大切なCDになりました。


シリーズものですが、前作を聴いていなくても全然大丈夫ですよ〜。
(ごめんなさい、聴いてません)

posted by 飯田橋 at 09:41| Comment(0) | BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

「うちの巫女が言うことには」

 
うちの巫女が言うことには

警視庁捜査一課の刑事・麻績冬真(@前野智昭)は捜査のために神社を訪れた。
そこの禰宜・咲坂葵(@武内健)と最悪な出会いをし…



(火サスのあのメロディ)
♪チャラッ、チャーラー♪


CDをスタートさせて、もうすぐにぐおーって作品の世界に引き込まれていくんです
普通の恋愛話より、事件を絡めての方が、聴きやすいし入り込みやすいんじゃないかと思います。

武内さん演じる葵がね、最初はすっごくツンなの
でも事件を介して次第に冬真に心を開いていくんだけどね、
それがなんともまー、聴いててきゅんとくんのよ
またさ、武内さんのツンとした美人声がいいんだこれがまた。

前野はどちらかというと、普段のお声に近いかな?
こういう普通の感じのお声の前野って好きなのよね〜。

そんでもって、葵の弟で双子役の梶くんと代永くんがね、もうすごいの!
さすが仲良しな二人ですよ。ユニゾンがぴったりなの!
女装して巫女になるんだけどね、その時のお声がさ、二人とも美少女なのよ!
とくに代永くんがね、どこをどう聞いても女の子なの!

あと、すっごくびっくりなのが、冬真の先輩刑事役の坪井さんです。
もうね、どこをどう聞いても、おっさんの刑事なの!


あのね、声優さんたちの演技がすっごく自然で、ずっと聴いていたくなるんです。
でね、音だけなんだけど、聴いててはっきりとその情景が頭の中に浮かんでくるの。

そんでもって、文庫一冊をものすごくうまくまとめてあるんです。
事件も二人のつらい過去も恋愛も、色んなことがぎゅーっと濃縮されてんだけど、
全然重くなくって、ほんと二時間ドラマ見てるような感じ。
犯人と対峙するところなんて、息をひそめて聴いちゃうもん。
またさ、その時の前野がかっこいいんだ。

で、絡みですが、どちらかといえば、おとなしい印象です。
言葉責めをしてるわけでもなく、ただ普通のえちなのよ。
でもね、挿入時のちゅぷちゅぷーって音に、ひゃーってなった
聴いてて照れたもん。

そういや前野の初攻めの相手ってのが、武内さんなのね。
その時のフリートークで、経験を積んでまた武内さんを攻めたいみたいなこと言っててさ、
いやもうその通りになったよ前野。あれからBLひっぱりだこだもんね前野。

 
 


 

posted by 飯田橋 at 20:07| Comment(0) | BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

「あなたの隣に座らせて」


 リブレ出版CDあなたの隣に座らせて




一目ぼれした椅子が手に入らず、悪酔いをしてしまった亜澄(@下野紘)は、見知らぬ男に介抱される。
その男・鷹宮(@石川英郎)の家には一目ぼれをした椅子があり…


あのね、原作をうまくまとめてあるんです
ていうか、脚本がすっごく上手いの。漫画原作のものって、原作読まないとどうもわかりづらい作品が多いんだけど、このCDは原作を読んでいなくても、場面が浮かぶんです。でもって、ストーリーが難しくないので、つるっと聴くことができるの。なんだけど、全然物足りなさがないのよ。

で、お声ですが、いやもう下野くんが可愛いのよ
この亜澄くん、元気いっぱいな大学生なのね。それがもう、可愛いわんころのようなの。
すっごく素直で、ちょっかいかけたらきゃんきゃんほえるような感じ。
そんなわんころを、ぶっきらぼうながらも優しく手なずけるのが、鷹宮なのね。
いやもう、石川さん超カッコヨス。普段はそんな素振りみせないくせに、
行きつけのバーの店員に嫉妬しちゃう姿に胸きゅんです

そんな二人の絡みですが、想いを通じ合わせた後に、1回だけです。
でもね、原作より増量なので、なかなか満足できました

ていうか、アタシね、下野くんの絡み声が大好きなのよ。
下野くんの絡み声の素晴らしさについて、何時間でも語れるから
なんでみんな絶叫系とか言って嫌うかな。息一つもらさず聴いてみ?その職人技に驚くから

最初は戸惑いと恥ずかしさでいっぱいいっぱいだったお声が、
与えられる愛撫によって、そのお声に気持ちよさが混じるのよ

「亜澄、俺が欲しいか?」
「恥ずかしいこと、言えない」

ごふっ!(鼻血を噴いた)
いやもうちょっとなにその可愛すぎるお声は!
消えそうな恥ずかしそうなお声で言うのよ!

でね、入れられたときがね、すっごく痛そうなお声なのよ。そのお声がしだいに甘くなっていくの。
でね、クライマックスが、一生懸命にしがみついているって感じのお声なのよ。
で、いった後の息がこれまた酸欠って感じの息なのよ。
(畳をごろごろとのた打ち回りつつ)
いやもう、ホントすげーよ下野くん。
その震える息なんかさ、演技と思えないもん。
ていうか、ほんとにやってると思う(真顔)


つい下野くんのあえぎに耳を集中させてしまいがちですが、石川さんの息演技も素晴らしいのよ。
挿入した後の息なんてまー、熱さが伝わってくる感じなの

脚本誰なんだろうな〜ってブックレットを見て驚いた。演出阿部さんなんだもん。
でもって、脚本は中野睦だし。そりゃー素晴らしい作品になるはずだわさ。

聴いた後に心がほっこりとする作品です。
下野くんの可愛いお声&素晴らしいあえぎをぜひとも皆さんにも堪能していただきたいですね。


 

posted by 飯田橋 at 23:16| Comment(0) | BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。