2011年02月26日

「欲望という名の愛」

 
フロンティアワークス(ダリアコレクション)欲望という名の愛




人気NO.1ホストが大変な目にあっちゃうお話です(ざっくりだ)


原作未読なんですが、これかなりはしょってんじゃないのかな?
ヤクザ×ホストったら、ストーリー的にかなり濃いものになると思うんだけど、
拍子抜けするくらいあっさりとまとめられているんです。

実はアタシ、ヤクザものとホストものって、苦手なんです。
なんですが、CDをスタートさせてすぐに神谷さんの色っぽいお声でね、
いやっふーってなりながら聴いてたらそれが夢オチで思わず失笑。
まあ、そのおかげで苦手意識を持つことなく、肩の力を抜いて聴き進めることができました。

美貌のNO.1ホスト倉科役は、神谷浩史さん。好青年な美人声です。
ぴんと背筋が伸びた美人声も好きだけど、こういうさらりとした色気のお声も最高にいいですね
ていうか、ホント神谷さんは役の幅広いわ。

インテリヤクザ・樋口役は黒田崇矢さん。フェロモン垂れ流しのねっとりとしたお声です。
いやもう、黒田さんのお声はホント孕みそうになるやな。
なんですが、ドスをきかせたお声は、
おしっこちびっちゃいそうになるくらい怖いです
ホンモノかと思いました。

あのね、すっごく聴きやすい作品なんです。
倉科はどうなっちゃうんだろうって、物語にぐいぐい引き込まれていくのよ。
なんだけど、あまりにもあっさりと解決しちゃうので、あれ〜?って肩透かしくっちゃうの。

だってさ、拉致られてクスリもられちゃったんだよ。そりゃーもー、

男たちにすっごいことされちゃうに違いないって

わくわくするよな?な?

したっけ、全然ねーの。
ぶっかけろとまでは言わない。けど、せめて、

脱がせて縛って吊るして指突っ込むくらい

してくれねーとこっちは納得しないんだけど。

なんのためにクスリ打ったのよお前ら使えねーな。けっ。


でもって、フリートークがひどいのよ。
きーやんの酒で失敗したエピソードがあまりにもひどくて、
本編の内容がすべて吹っ飛びました
あの話は事務所的に大丈夫なんでしょうか。


絡みはそれほど濃くないのですが、
神谷さんの色っぽいお声を堪能することができるので、
BLCD&神谷さん初心者にはオススメですよ〜。
 


posted by 飯田橋 at 21:32| Comment(0) | BLCD・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

「四号×警備−シングル・マインド−」

 
フィフスアベニューCD四号×警備−シングル・マインド−



警備会社のえらい人が極道見習いの少年に付け狙われて、
その少年をワンコにしちゃうお話です(ん?)

ものすごーく、ごくごく一般的な王道BLです
BLの見本のような作品だなーって、原作を読んだ時に思いました。
なんかすっげーGUSHっぽいなーって(わかる?)


でね、前野くんが原作のイメージそのもののワンコっぷりなのよ。
(テーブルをバンバン叩きつつ)いやもうなにこの可愛い前野は!
なんかちょっと一個足りないような子っていうの?
めちゃめちゃ忠実で、そういう役の前野がすっげー新鮮でさ、
いやもう今すぐ忠犬前野を飼いたいんだけど、どうしたらいい?


でもってもりもりは警備会社のえらい人の役でして、
すっげードSで楽しそうに言葉責めてます。


で、絡みですが、(にっこりと微笑みながら)
うん、前野はそれでいいと思う。それでこそ、前野だと思う

いやいやいや、前野の受け絡み、嫌いじゃないですよ?
貫通したときのお声なんて、最高だで?
いやいやいや、いいのいいの。
すっげー上手かったら上手かったで逆に複雑な気持ちになっちゃうから
だから前野はこれくらいでいいと思います(褒めてます)

にしても、なんだろうこの、もりもりに貫通してもらえてよかったねー的な気持ち
しかも、前野はもりもりのこと大好きじゃん。
特典CDでのあの前野のはしゃぎっぷりに、正直びっくりしたもん。

で、このCDですが、原作を読まないとわかりずらいところが多々あるんだけど、
でも可愛いワンコ前野が聴けたから、そのへんのところは許してやる。

あ、サブキャラが多いんだけどね、みなさん原作のイメージそのものなのよ。
特に羽多野くん。シン役は羽多野くん以外考えられないもん。
サブキャラにもそれぞれストーリーがあるので、
ぜひともシリーズ化してくれませんかねフェフスさん

前野っつーと、亮一兄さんや千聖のようなお声をイメージしちゃうんだけど、
こういう可愛い前野はホント新鮮でした。
BL以外でも、最近ではプリキュアやNARUTOなど、アタシがイメージするところの
前野と違うお声を堪能できるので、なんかすっごく嬉しいな〜。

それでもやっぱり前野の艶っぽい攻め声が好きってことは内緒だぞ。

posted by 飯田橋 at 11:39| Comment(0) | BLCD・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

「よくある話。」

 
ムービック(リンクスコレクション)【特典小冊子付】●よくある話。●




元AV女優の妻から突然離婚を迫られた袴田(@三木眞一郎)は、バーで同じ会社の池田(@森川智之)と偶然会い、そして気づいたら一夜を共にしていた。一夜だけの過ちと思っていたのだけれど、池田は情熱的に口説いてきて…




いやもう三木さん最高。
くたびれ感がたまらないのよ。

もうね、原作のイメージそのものなの。


この袴田課長、36歳なんだけど、気持ちは年寄りなのね。
ぼんやりさんで物事を深く考えない袴田が、年下の男に強引に迫られて流されて、
でも元妻に抱いたことがない気持ちがわいてきてそのことに戸惑っちゃうの。

三木さんのひょうひょうとした演技が好きな人って多いはず。
それをこれでもかってくらい堪能できちゃいます。
しかも年下の男にせまられちゃうのよ?でもってやっちゃうのよ?
あ〜んもう三木さん好きぃ〜。


でね、そんな袴田に押し捲る池田は、袴田よりほぼ一回り下で、
長身でイケメンで仕事ができてモテモテなのよ。
なんだけど、人妻モノのAVが好きっつーかなりマニアックな青年です。

あのね、ものすっごく個人的な感想なんだけどね、
池田役はもりもりではなくって若手がよかったな〜って。

いや、もりもり最高だよ。さすが帝王だよ。
年下らしい可愛さとがっつきを声だけで表現しているところは、さすがとしか言葉が出ません。
なんですが、やっぱ20代には聴こえないのよ。どこをどう聴いても30代なの。


なので、原作は大好きなんだけど、CDには入り込むことができなかったのよね。
二人の息がぴったりで、この二人だからこそこのCDの仕上がりが素晴らしいものに
なっていると思うんだけど、やっぱ若手と対決して欲しかったな〜。できれば前野希望。

で、このCDの一番のびっくりは、鹿野優以ちゃんが袴田の元妻役で出演していることですね。
青二がすげーのか鹿野優以ちゃんがすげーのか…両方だやな。
ものすっごく高感度アップしました(単純か?)

ストーリーは、こってこての王道です。
が、キャラクターの個性と二人の安定した演技から、安心して聴き進めることができます。
脚本も音楽もすばらしいのは、さすがムービックです。
でもって、やっぱ沙籐いつきさんの脚本はすばらしいですね。
原作読んでて吹いたところをCDでも同じように吹いちゃうこの嬉しさわかる?


個人的にはアレでしたが、作品としてはとっても素晴らしいCDだと思います。
三木さんファンは必聴ですよ〜。

posted by 飯田橋 at 08:11| Comment(0) | BLCD・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

「家賃半分の居場所です。」

 
フィフスアベニューCD家賃半分の居場所です。





【家賃半分の居場所です。】

正直に申し上げまして、原作読んだときは、ん? だったのね。
なんだけど、CDになると、受けくんの心情がすっと入ってきて、なかなか楽しめました


まーなんつーか、ストーリーは、よくあるお話です。
そのよくある中でも、初心者向けっつーか。

ていうか、ホントごめんねストーリーは、どうでもいいの(こらっ!)

梶くん色気増してんだけどどうしたの?(え?)


あのね、想いを通じ合わせたあとのえちがさ、いやもうすげーの!!!

いった時の声と息がね、すげーの!!!
息づかいがね、まさに私が求めていた息と声なの!!!
でもって、いった後の息と声もこれまた色っぽいの!!!

いやもうさ、50回以上リピったもん。
その色気やべーよ聴いてて色んなとこから色んな液体出そうになったもん


ゴメンね梶くん。今まで色気ないとか言って。

あ、ちなみに攻めは鳥さんです(今更か)


【それなりに真面目なんです。】
マジー初受け作品です。

私ね、間島さんの演技をじっくり聴くのって、これが初めてなのね。
いやもうすっごく綺麗なお声なの!癖のないお声っていうのかしら。
語尾がすっごく綺麗でね、とにかく聴きやすいお声なのよ。
でもって、めちゃくちゃ自然な演技をされてるのよ。

もうね、この作品で、マジーにめろめろですわ。
なんつーか、ブログのマジーの印象が強くでさ、
マジーつったらおっぱいか仮面ライダーかって人ですよ
見た目もあんな感じよ?(こらっ!)


いやもう、やられたね。惚れたもん。

しかもよ、絡みがうまいんだこれがまた
初めてって嘘だろお前ってくらい、大人の色気がほのかに出てるのね

ぶわって出てるんじゃないの。ほのかに出てるの。
でね、あえぎもね、あんあん言うんじゃなくって、息が多めな感じなのね。
その息がね、いい感じに色っぽいのよ。

マジーもっといっぱいBLに出てくんないかな〜。

あ、ちなみに攻めは羽多野くんです(今更か)

posted by 飯田橋 at 10:00| Comment(0) | BLCD・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。