2013年02月20日

「Ariard-少年アリス-感想」

『Ariard-少年アリス-』




Latteさんのデビュー作でございます。

まずなにに驚いたって、絵がとにかく綺麗。
背景も立ち絵もスチルもとにかく全てが綺麗。
画集が出たら買っちゃうと思う。
もうそれくらい、とにかく綺麗なんです。

でもって、音楽がすごくいい。
鈴葉ユミさんが担当されていまして、
物語の世界にどっぷりとつかれる音楽です



で、肝心のストーリーなんですが、
ダークファンタジーと謳ってるわりには、
どこがダーク?という印象です(私基準です)

あのね、主人公の少年に共感できないことが多いんです
なにかにつけて拒絶すんの。それがイラついてね。

あと、攻略キャラが、そんなつまんない理由でそんなことしてたの?って行動が多いの。
各キャラルートの終盤、真相が明らかになるじゃない?
なんかすっごい理由を期待してるじゃない?
でも、語られる真相に肩すかしを食うことばっかだったのね

あとね、これが一番言いたい。
全体的に、色気がないの

そういうシーンは、割と多いんだよ?
でもね、色気がないの。

文章に色気がないのと、キャラクターに色気がないのと、
セリフに色気がないのと、スチルに色気がないんです。


プレイヤーは、きゅんとしてハァハァして、
心のちんこをしこしこするためにプレイしてるんです。
身悶えながら畳をごろごろと転がっちゃうようなセリフを期待してプレイしてるんです。

キレイなイラストだけじゃ抜けません。
もっと、息遣いや汗が感じられるシナリオやスチルじゃないと、
プレイヤーの心のちんこは勃たないよ?

声優さんに関しては、文句ありません。
とにかく豪華。

帽子屋がすっごくいいお声です。
この方のこういう優しいお声と演技がすごく好きだな〜。

野次馬根性さん目当てで購入をしたのですが、
今回はもだえるほどのエロボイスは聴けずでした。残念。

そうなのよね。せっかく素晴らしい声優さんたちが勢ぞろいしているのに、
そのお声を存分に活かした身悶えるセリフがないっていうのは、
残念以外に言葉がないやな。
なんのための18禁じゃい。

キャラクターで好きなのは、蛹と王様ですね。
王様は攻略対象ではないけれど、基地外じみてるところがなんとも好きでした。
ていうか、王様こそ攻略キャラにすべきなんじゃねーの?


かなり辛口なことを書いてしまいましたが、面白かったですよ?
この値段でこのクオリティーは、
ほんとにすばらしいことだと思います。


てなことでまとめ。
大人キャラ全員ショタコンじゃねーか。
特に帽子屋。おまえ軽く引くわ。
でも嫌いじゃない。むしろ大好きだ

Latteさんの次作に期待しています。

 



posted by 飯田橋 at 22:40| BLゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

「恋惑星へようこそ」

 
【送料無料選択可!】恋惑星へようこそ / ドラマCD (吉野裕行、野島裕史、他)




「ホント人の気持ちが全然わかんねー宇宙人だな」


そういうお話です。



いやもう、すっげーおもしれーーーーー!!!


宇宙人でてりゅっぽで触手なお話です(わかりません)


よっちんくん演じる未知也くんは、ちょっとおバカなツンデレです。
いやもうやっぱこういう役はよっちんくんだやね。原作のイメージそのものです。

まーなんつーか、よっちんくんもう39歳なわけですよ。おっさんです。
なのにこの違和感のない可愛さっつーのがさ、
声優さんってすごいなーって改めて思いました。


野島兄演じる瑞野は口下手で不器用な、実は宇宙人なのね。
宇宙人と人間の演じわけに、拍手です
てか、人間の時のお声がすっごくかっこいいんだこれがまた。
宇宙語で名前を言うところがすごく好きです。
この宇宙人がこれまた可愛くてさ、しかも憎めない奴なのよ。
人間の姿とのギャップが微笑ましいんだ


で、このお話は、触手プレイがあるんです
ちゃんと尿道にも入ってますよ。やっぱ触手ったら尿道だやね。


でね、その時のよっちんくんのお声がね、
いやもうすっげーの!!!
泣きながら呂律回らない声であえぐんだで?


「やだ…やだぁ…」にぎゅんとなりまちた。
いやいやしながらも、感じちゃってたまらないって声であえぐんだで?
またさ、触手の音が水分を含んだ音で、聴いててぞくぞくします。

しかもさ、瑞野が普段はあんまししゃべんないくせに、
こういう時だけはめちゃえろくて饒舌なんです。

 

全体的に、うまくまとめたなーという印象です。
好きなエピソードがことごとくカットされているのは、まあ仕方がないのかな。

ハリウッドとかミステリーサークルとかドラクエとかスライムとか
中国とインドの人口増加とか少子化問題とか、あのへんのエピソードがまるっとカットされています。
原作読んだとき、これらは本当に宇宙人の仕業じゃないのかなって本気で思ったもん。


あと「ちんちん…嫌…」と「ちんちん…いいっ…いいっ…」
のセリフをなぜカットしたんだフィフスアベニュー!
あのセリフを聴きたかったよ。てか、Atisさんなら間違いなくカットしないで?


シグマの仲良しの2人なので、すっごく息がぴったりです。
てか、安心して聴けるんです
聴きながら、あーやっぱこの2人好きだわ―って思いました。


宇宙人、しかも触手という、とんでも設定なお話ですが、
そこは砂原先生です。ぐいぐいと物語に引き込まれていきます。
そして、聴き終わったら、すっごく幸せな気持ちになれるんです。

最近の小難しいBLに飽き飽きした方に聴いていただきたい。
もちろん、BLCD初心者の方でも楽しんで聴くことができると思いますよ。
ぜひともオススメです。

posted by 飯田橋 at 15:07| BLCD・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

「華アワセプレイ感想」




【1000円以上送料無料】華アワセ 蛟編



鬼札に導かれた少女が貞操を守りながら覚醒するお話です


主人公のみことちゃんが鬼札に導かれちゃったために、
庶民が通えないような学校に転入するんだけどね、
彼女を取り囲む美少年がいっぱいだったり、取り巻きの嫌がらせがあったり、
不思議だらけの理事長がいたり、個性が強すぎる教師がいたりと、
楽しいくらいにセオリーどおりです

彼女を取り巻く学園の人間がとにかく色々と濃いんだけど、
みことちゃんがすっごく純粋で真っ直ぐで媚びていなくて、
それが個性が強すぎる人たちの中で逆に強く印象に残ってしまうものだから、
学園の者たちが普通に見えてしまうから不思議です




各ルート感想↓
ちなみに、今回は蛟編なので、蛟ルート以外はバッドエンドになります。



『蛟ルート』


「少し角度を変えている。君が驚かないように、その、している」

なにをですか?
なんの角度を変えてるんですか???


蛟はがっちがちの真面目さんです。
がっちがちでしかも不器用だからすごく冷たく感じてしまうだけど、
実はとっても優しい人なんです。

この蛟さん、血が騒いでしまう人でね、最近は衝動を抑えるのに必死なのよ。
特にみことちゃんに対しては、はぁはぁしたくなる衝動を抑えていて、
それを人前では微塵も出さないむっつりさんです


まあ、抑えられなくて、穢れたからと
みことちゃんの足を舐めて清めちゃったりするんだけどさ。


そんな蛟さん、敵に操られてしまいます。
彼女を清めるために水風呂に入れて、体を拭こうとしたら抵抗した彼女にぶたれて意識を戻すのよ。
裸の彼女を見たときの蛟の驚きようがね、すっげー面白かった。

目は閉じているから早く服を着ろと。しかも正座してんだで?
で、着たと告げても目を閉じたまま動かないんだで?
で、言ったことが「こないでくれたまえ。その、少し落ち着ける」だで?
で、みことがきょとんと「なにをですか?」て聴くのね。
したら「とにかく出てくれ!10分間決して入ってこないように」言うんだで?

もうさ、10分間何してたの?
しかも、出てきた蛟は制服がぐっしょり濡れてたんだで?
きっと蛟のことだからさ、水かぶって鎮めてたと思うのよ。
素直にしこしこすればいーじゃん。そういうところがたまらなく好きです。


そんな蛟役はじゅんじゅん。低めのお声でございます。
こういう低めのお声を聴くと、昔のBLCD引っ張りだして高いお声を聴きたくなるのよねー。

なんつーか、蛟はがっちがちな真面目さんなので、
一歩間違ったらオモシロになっちゃうわけじゃない?
でもその辺はさすがじゅんじゅんですよ。
オモシロになることなく、がちがちな真面目でもかっこよく演じてらっしゃいます。


にしても、片目だけ黒眼帯って、昔のタモリさんみたいだね☆



『姫空木ルート』

いつも穏やかで優しくてきれいな顔立ちのお姫様です。
みことちゃんのことが好きで好きでたまらなくて、病んでしまいました。

後ろから静かに「どうして?」と声をかけるところがたまらなく怖かったよ。
またさ、慎ちゃんの病んでる演技が最高なんだ。

私ね、慎ちゃんの間の開け方とか息を吸う音とか「?」がつくセリフでの語尾のあがり方とか大好きなのよ。
それらを存分に楽しめました。次に出る姫空木編が楽しみです。


 

『唐紅ルート』

「抱いてやるよ、きな」
限界突破の時これを聴くと、ひゃっはーってなります。


この世のすべての女はからくれなゐ様のモノだそうです。
またまたなに冗談言ってるのと思ったら、本気で言ってました。

ラジオで日野さんが言う荒紅さんは、笑いをとるために大げさに言ってると思ってたんだけど、
ゲームしてみたら本当に荒紅なのでびっくりしました。

そんな荒紅さんが本気で恋を知るんです。
少しずつ優しくなっていく荒紅さんがね、可愛いんだこれがまた。

でもって、日野さんのお声がほんとかっこいい!!!
こういう役の日野さん好きだな〜。



『いるはルート』


なんだかとっても謎な人でした。
みことちゃんと何らかのつながりがあるみたいだけど、
蛟編では詳しく語られていなかったのよねー。

身の回りのことは無頓着で甘いものが大好きっつーギャップにうふふってなります。


みことに感情は必要ないとか言いながら、
一番この人が私情を入れてたっつーね。でも本人気づいていないっつーね。
そんなところがとっても好きでした。

 


『百歳』

ルートはないけど、どうしても書きたい。
なんで大宙なの?ねえ、なんで?

主要メンバーをアクセルワンで固めてたら大宙だけあまっちゃったの?
で、これでいっか。的な感じで決まったの?

男の娘ならわかるよ?でも百歳はガチで女性なんでしょ?
いやもうなんで大宙なの?


でもね、ちゃんと女性に聞こえるんですよ、これがまた。
男性が女性の声やるってなると、普通はオモシロになるでしょ?
でもね、大宙は全然オモシロとかじゃなくて、ちゃーんと女性なんです。
いやもうほんと、すごい声優さんですよ。


 

『総評』

すーーーーーーーーーっごく面白かった!!!
花札のバトルも最初は「???」でしたが、
すぐにこなせるようになって、レベル上げに夢中になりました。
ストーリーもね、難しいようでそれほど難しくないので、気構えすることなく楽しめますよ。


にしても、この値段でこのクオリティはすごすぎると思います。
値段が値段なので、つるっとさくっと終わるゲームなのかと思いきや、
がっつりと楽しむことができました。しかも声優さんたちが豪華ときたもんだ。


ただ、一つだけ気になった点が。
これ、15禁にしてほしかったな。
全年齢ってことは小学生もできちゃうわけよね?
書店で普通に手に入っちゃうわけですよ。
おばちゃんこれ小学生はプレイしてほしくないなーと思いました。


ぶっちゃけますと、慎ちゃんが好きでラジオを聴き始めて、
ゲームのことはまるっきり興味がなかったのね。
慎ちゃんのお声を聞きたいがためにプレイをして、
おもしろさにどっぷりとはまってしまいました。
早く姫空木編がプレイしたいっ!

posted by 飯田橋 at 22:24| 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

「勝手にBLCDアワード2012」


わたくし飯田橋が独断と偏見で決める
『勝手にBLCDアワード2012』でございます。

今年発売されたBLCDの中で、私が聴いたものから選ばせていただきました。


2012年に発売されたもので聴いたBLCD↓


「えんどうくんの観察日記」
「オレンジのココロ-トマレ-」
「夢のような話」
「なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど」
「パラスティック・ソウル」
「情熱のイングリッシュローズ」
「どうにもなんない相思相愛」
「よろめき番長」
「ひみつのセフレちゃん」
「リンゴに蜂蜜」
「カテキョ!3」
「イベリコ豚と恋と椿。」
「丸角屋の嫁とり」
「僕はすべてを知っている」
「秋山くん」
「幸せになってみませんか」
「ブサメン男子♂〜イケメン彼氏の作り方〜」
「微熱の果実〜バタフライ・スカイ〜」
「嘘みたいな話ですが」
「飴色パラドックス2」
「≠ノットイコール」

【新人賞】

・島崎信長
・小野友樹


【主演受け賞】

・代永翼
・島崎信長


【主演攻め賞】

・小野友樹
・興津和幸


【優秀作品賞】

・オレンジのココロ-トマレ-
・パラスティック・ソウル
・僕はすべてを知っている
・イベリコ豚と恋と椿。
・嘘みたいな話ですが
・≠ノットイコール


【最優秀作品賞】

・オレンジのココロ-トマレ-
・嘘みたいな話ですが







あくまでも、私個人の意見です。人の意見は十人十色だと思います。
みなさんに同意を求めているわけではなく、
BLCD歴11年のアラフォーの意見として読んでくだされば幸いです。





好きな声優さん、好きな原作を中心に聴いているので、
とても少ない中での選出となりました。

なんといっても今年は期待の新鋭が頑張ってくれました。
島崎信長くんの可愛さにノックアウトです。
メイン受けデビューがあの作品で、ほんとによかったなと心から思うもん。
役と見事にマッチしたあの初々さは、ベテランでは出せないよ?

でもって、小野友樹さんですよ。
今年はほんっと素晴らしい活躍でしたよね。
将軍しか知らなかった私は、
その素敵ボイスと惹きつける芝居に驚き、そして酔いしれました。
しかも、あえぎが上手い!色っぽい!
来年も期待していますよ。
(ドM倶楽部最高でした)


作品としましては、おとなしい作品が多かったというか、
何度も繰り返し聴きたくなるCDが少なかったというか。

そんな中で、私が今年一番聞いたBLCDは「オレンジのココロ-トマレ-」です。
もうね、代永くんの演技がほんっと素晴らしいの!
つらいと泣く演技に、気持ちを爆発させる演技に、
そして、色っぽくあえぐ演技に、とにかくすごいしか言葉が出ません。


でもって「嘘みたいな話ですが」ですよ。
なんか久しぶりに楽しいCDを聴いたなって思いました。
楽しいだけじゃなくて、めちゃくちゃえろい。
最近えろが多いBLCDが少ない気がするのよね。
ていうか、今はリブレさんぐらいじゃね?
リブレさんにはこれからも、楽しいBLCDを作り続けていただきたいです。


今年はBLCD全体として、とてもさみしい枚数のリリースでした。
そしてとても悲しいことに、ムービックさんのBLCD撤退です。

BLCDのリリースと比例して、乙女向けのシチュエーションCDがたくさんリリースされた年でもありました。
確かに、ダミヘを使ったCDは聴いててドキドキします。
でもやっぱ、私としては会話を聴きたいんです。
聴きながら、本当にある作品の世界の会話を盗み聴きしている錯覚に陥りたいんです。

ここ一年、ブログにアップしているBLCDの感想が減っているのは、
感想を書きたい、感動をみんなに伝えたい、と思える作品が少なくなってきているからだと思うんです。
演じてらっしゃる声優さんたちの演技は素晴らしいです。
作ってらっしゃるスタッフさんたちも一生懸命です。
でもどうしてだろう。心に響く作品が少ないように思います。

最近の私のブログが18禁ゲームの感想ばかりなのは、
わくわくやどきどきを求めて18禁ゲームばかりをプレイしているからなんですよね。
前は、BLCDがわくわくやどきどきを与えてくれていたんだけどな。

アニメなどで素晴らしい活躍をされた若手の声優さんなどは、
数年前ならすぐにBLCDにお呼ばれしていたんですが、
今はリリースされる枚数が少ないので、それが叶わない状態だと思うんです。
BLCDで旬な声優さんを知る感じだったんですけどね。とっても残念なことです。


年のせいか、ちょっとぐちっぽくなってしまいました。ごめんなさい。
前回と同様、来年のBLCD業界に望むことは、
これ以上リリースされる枚数が減ってほしくないことと、期待の新鋭が現れること。

この年末に、解散したムービック第6事業部のスタッフがBLCDを作るためのレーベルを
立ち上げたという嬉しいニュースが入ってきました。
未来は明るいはず。

BLCDの制作にかかわってらっしゃるすべての方に感謝を申し上げます。
いつも素敵なCDをありがとうございます。


来年も、たくさんの素晴らしいBLCDを聴くことができますように。

posted by 飯田橋 at 22:49| BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

「嘘みたいな話ですが」


「嘘みたいな話ですが」初回限定生産[嘘みたいなセットですが]





「なんでこんな縛りができんだよ。普通できねえだろ!」
「(嬉しそうに)また褒められた。あ、それはあれですよ。北川さんがそうなってたらすげーいいなって思ったから、(きりっと)おれ、頑張って練習しました」
「だから褒めてねえよ!!!なにちょっといい顔作って気持ち悪いこと言ってんだ!!!」


そういうお話です。



いやもう、すーーーーーーーーーーっごく面白かった!!!

あのね、興津さんがほんっと気持ち悪いくらい中村なの。
なんつーか、興津さんほんとは中村なんじゃねーの?ってくらい中村なのよ。
てかね、あー声がつくと中村の気持ち悪さはこうなるのかーって思った。

もいっかい書く。ほんっと中村なのよ
気持ち悪いとことか可愛く照れるとことかやっちまって謝るとことか。
ほんとね、聴いてて感動するから。


でもって、野島兄ですよ。
ほんっと感動するくらい、北川なの。
受けなんだけど、すっごく男前なのね。

てか、私個人的に、ここまで怒鳴って叫ぶ役の野島兄が初めてだったので、
聴いててとても新鮮でしたね

なんつーか、今までの腰乃先生のCDったら、
攻めがわーってテンパってわーってえっちする感じっつーのかしら。

今回はですね、んもーとにかくえろい

スイッチ入った中村のはぁはぁっぷりと普段からは想像つかない強引さ
でもって、やめろって言いながらも強く拒絶しない北川さんがね、とにかく最高なのよ。


そんでね、2人ともキス音やちゅぱ音がえろい!
興津さんのちゅぱ音初めて聴きましたが、すっごくお上手でびっくりしました。


あのね、ぶっちゃけますと、
ここまですごい出来になると思っていなかったのね(ごめんなさい)

声優さんの演技がものすごく素晴らしかったのはもちろんですが、
演出はさすがの阿部さんですよ。
自然でさりげない、でも生々しい演出とでもいいましょうか。
実在する世界を盗み聴きしている気分になるんです。


とにかくすっごくおもしろかった!
なんつーか、すべてが聴きどころのCDといいましょうか
あのね。スルメなの。
聴けば聴くほど味が出るの。
何度聴いてもあきないの。それどころか、何度でも聴きたいの。
で、聴いたらさらに好きになるの


いやもう、このCDで、一気に興津さんのこと好きになっちゃったよ。
ブログからうかがい知る彼の人柄もとても好きです。うふふふ。




posted by 飯田橋 at 17:37| BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

「越えざるは紅い花 総評」


すーーーーーーーっごくおもしろかった!!!
面白くて2周したもん。
2周しても全然あきなくて、それどころか1周目以上に引き込まれたもん。

とにかく、ストーリーが面白い!
あらすじやゲーム誌やHPなどで内容を頭に入れてプレイしたんだけど、
断片的な情報からは伝わってこなかった予想を超える面白さっつーのかしら。

あのね、シナリオライターさんがとにかくうまいの。
文章が読みやすくて、枠内の文章を読むのが全然苦じゃないの。
それどころか、早く続きを読みたくてたまらなくなるの。

気持ちの流れがすっごく丁寧なんです。
恋を自覚してからのドキドキ感がね、きゅんきゅんすんのよ。

でもって、各攻略キャラがこれまた、腰がくだけそうになりそうなことを言ってくれるんだ。
何度床ろーりんぐしそうになったことか。
ドキドキしてハラハラしてきゅんきゅんして、これでもかってくらいに愛されるのよ。

お声はですね、私的には、初めてお聴きするお声もちらほらいました。
でもね、結果的にめろめろにされて、他の作品も聴きたいって状態になります。
「妖夢」買っちゃった☆「愛病」も楽しみ♪

ちなみに、好きなルートはナランですね。
紀之さんにさらに惚れちゃったもん。
セフルートも好きだったな。トーヤルートも好き。

この物語の何にここまでひかれたかって、
やっぱ主人公のナァラの性格もあると思うのよね。
苦境にも屈しない強い女性なのよ。
王妹ながらも自ら剣を持って立ち向かうような女性なんだけど、
優しくて思いやりがあって、とても気持ちの良い性格なの。

またさ、お声も素敵なの。
主役を務められた手塚りょうこさん、本当にお疲れ様でした。
すっごくナァラにぴったりなお声というか、手塚さんがナァラ本人なんだと思う(違います)
それくらい、とにかくナァラなの。

なんだろうな。ずっと演技を聴いていたいのよ。
柔らかい中にも強さを持っているお声といいましょうか。
そのお声が、お布団のシーンでは、色気と可愛さが全開になるんです。
呂律が回らないお声に、うわすげーってマジで感動したもん。

とにかく夢中になったゲームですが、残念なこともあります。
まず一つが、おまけがなかったこと。
なんでもいいから、フルコンプのご褒美が欲しかったよ。

もう一つが、スチルが、うーん?ってのがけっこうあったこと。
立ち絵も背景もすごくいいんだよ。綺麗だし。
なのになんで肝心のスチルがいまいちなんだか。
特に、お布団のシーンのスチルがどうも、なあ?


いやもう、とにかく面白かったです。
ぶっちゃけると、あんまし期待していなかったんです。
購入の動機は皇帝さんの声が聴きたいからだし。
でもね、結果、購入して大正解でした。


ぜひともファンディスクなど作ってくださいよ、Operettaさん。








posted by 飯田橋 at 14:16| 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

「越えざるは紅い花 セフルート感想」







以下、ネタバレです↓




おっす。おらナァラ。
わーっとなってあーってなって、隣国に連れ去られちゃったんだぞ☆

次のおらが狙うのは、セフ。
反対派大臣の息子なんだぞ☆

こいつがまー、仕事もせずにふらふらしてんだ。
何事にも関心がないっつーか無気力っつーか。

普通、大臣の息子ったら金と色のことでぎらぎらしてて、
なにかっつーとパパに言いつけてやるって言うじゃん(偏見です)
でもこのセフはぎらぎらどころか死んだ魚の目をしてるからね。

目は死んでるけど優しいのよ。悪い人じゃないし。ニートだけど。
むしろ話しやすいっつーか。ニートだけど。

は?ニートじゃないって?大臣の秘書だって?
だったら大臣に会わせろつってんだろ
こっちは文珍師匠に純血散らされるかもしれねーんだぞぶん殴んぞごるぁ!!!

ノールがあんなんだから余計にセフの優しさがしみるっつーか。ニートだけど。


そんなセフ役は小田桐ヒョーマさん。
初めてお声を聴いたんですが、素敵なお声ですね〜。

優しいんだけど、キメるときはすっごくかっこいいんです。
雨の中、ノールと対峙するお声がね、すっごくかっこよくって胸キュンですわ。

で、セフですよ。
ぶっちゃけ、プレイする前は、こいついらなくね?って思ったんだけどさ(ごめんなさい)
一番心安らげるルートでした。

とにかくいい人。でもって、癒されるのよ。おっさんだけど、

なんつーか、夫婦のありかたを考えさせられるルートっつーか、
セフがものすごく理想の旦那様だなと思いまちた。








posted by 飯田橋 at 13:44| 乙女ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。